読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

中3受験生の秋。志望校と揺れる心。

娘、中学3年生。年明けには高校受験が待っている。

中学校に入学して2年半。高校入試まで半年を切った事で子も親も覚悟をしなければならないターンに入ってしまった。

娘の高校受験に関しては正直言って、ここまでガチで取り組む事になるとは思っていなかった。小学生の頃は体操バカ一代って感じだったし、中学校入学後も1年生の頃は地元のふんわりした塾に通っていて「高校は行けるところに行く」くらいの認識しかなかった。

それなのに気まぐれで馬渕教室の公開テストを受けたことで違う世界線にルート変更してしまった。

「文理学科のある高校に行けたら嬉しいな」くらいの希望しか持っていなかった娘はいつの間にか「天王寺高校に行きたい」とか「西大和学園に行きたい」とか言い出すようになり、挙げ句「成績が届くなら北野高校に行きたい」と言い出す始末。

馬渕教室に入ってからは、私も夫も娘の希望に添って全力でサポートしてきた。高校見学や入試説明会については中2の頃から参加している。今まで説明会に足を運んだ高校は4校。

北野高校については、1回目の学校見学会の抽選に外れてしまったため、現在は2回目の学校見学会の抽選結果を待っている状態。一応「外側からだけでも見ておこう」ってことで、偵察だけは行っている。

正直言って、娘の今の成績だと北野高校受験は微妙なライン。馬渕教室からOKが出るかどうかは偏差値次第…ってところだけど、私立高校については西大和学園と四天王寺高等学校で決まりかな…って感じになってきた。

娘の場合、私立高校は専願ではなく併願でしか考えていないのだけど、もし公立高校が不合格だった場合は併願先の高校に進学することになる。

大阪府の公立高校を受験する場合、大抵のお子さんは公立1校、私立1校受験して「公立が不合格だったら私立へ行く」って流れになるのだけれど、娘の場合は大阪と奈良の私立高校を2つ受験することになるので「公立が不合格だった場合はどちらの高校に進学するか?」って問題が発生する。

先日、娘と「公立に不合格だったら私立は西大和学園か四天王寺かどっちに行くのか?」って話をしたところ「その時になってみないと決断出来ないと思うけど、今のところは四天王寺に行きたい」とこのとだった。

娘は四天王寺高等学校の説明会に参加するまで、ずっと「四天王寺は制服がダサイから嫌だ」とか「女子校には行きたくない」と言い続けていたので、まさか四天王寺が良いと言うとは思ってもみなかった。

娘の言い分はこんな感じ。

入試説明会に行ってみて四天王寺でも楽しくやれそうだ…って思った。西大和学園は勉強はしっかりさせてくれそうだけど、部活を楽しめる雰囲気じゃないよね。やっぱり私は部活もやりたいと思う。第一、西大和学園は勉強の進め方が馬渕的なのキツイわ。

娘の言う通り、確かに西大和学園のカリキュラムの過密さは半端ない。何かと言うと小テストがあるしクラブ活動は2年生で引退。3年生ともなると大学入試に向けてひたすら勉強の日々が待っている。

昨年、娘は西大和学園の入試説明会に行って「西大和学園いいなぁ。私立専願だったら入試が早く終わるし、いっそ専願もアリなのかなぁ」なんて事を言っていたのになぁ。

娘自身、自分の目で見聞きし、自分の性格や希望と照らし合わせてみて現実的なところが見えてきたのだと思う。受験校については「娘に決めさせる」と言うのが我が家の方針なので、娘がそれで良いと言うなら異論はない。

そして肝心の本命である公立高校だけど、こちらは「成績が届くなら北野高校」ってところは変わってないらしい。天王寺高校の説明会に行ったことで「北野より家から近いし、天王寺でいいかな」ってなるかと思っていたけど、その点だけは初心貫徹。

……とは言うもの。北野については馬渕教室の公開テストや中学校の実力テスト等、様々な条件をクリアしないとOKが出ないので現状では何とも言い難いのだけど。

受験校が確定するまで娘のメンタルが上がったり下がったりと忙しくなりそうで憂鬱だけど、期限付きの大変さなので頑張るしかない。我が子ながらメンタルが揺れまくりな娘に付き合うのは正直しんどい。

受験校が決まったら娘のメンタルの上がり下がりがもう少し落ち着くのかな…と言うか落ち着いて欲しいし切に願う。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました