読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室。中2娘、初めての冬期講習。受講前から心折れる。

中2娘が冬期講習のお知らせを持って返ってきた。娘は今年の2月から馬渕教室に入塾したので、冬期講習を受講するのは初体験。

冬期講習の案内には金額とか予定が書いてあったのでけど、冬期講習が始まってもいないのに心が折れてしまった。

……娘の心じゃなくて、私の心が。

まずは受講料。馬渕教室、中2のSSST(5教科)の冬期講習費用は31,900円。正直、これは想定内。他の塾でも冬期講習はそこそこ費用が高いと聞いているので、馬渕教室が特別高いとは思わない。

ビックリしたのは中3の受講料。SSSTの冬期講習受講料は67,100円。仕方ないとは言うもののザックリ倍増されるは辛い。

冬期講習は12月24日から1月7日までだけど、年末年始は休みになるので日数的には多くない訳で、短期間でそれだけの金額が飛んでいくのは切ないものがある。

……とは言うものの、実のところ金額については覚悟していたので、打ちのめされるほどではなかった。

私の心を折ってきたのはスケジュールの過密さ。

冬期講習は1コマ85分と長時間設定なので、スタート時間が普段より早く、帰宅時間は普段通り。我が家の場合だと、冬期講習のある日は17時半に夕食をスタートしないと塾に間に合わなくなってしまう。

カレンダーに塾の予定を書き込んでいくと、私の帰宅時間の方が夕食時間よりも遅い…なんてパターンも出てきてしまった。

娘も中2なので「夕食は段取りしておくから、チンして食べといて」と言っておけば大丈夫なのだけど、そうなると出勤までに夕食の準備を済ませておく必要がある。

そして、もっと恐ろしいのは来年(中3)の冬期講習。

中3は受講日数がべら棒に多くて、どう考えてもかなりキツイ。ほぼ毎日、塾に通うことになる。

受験生…大変過ぎやしませんか? まだ中学生なのに、こんなに頑張るの?

…ってか、そもそも我が家は今年の冬期講習を乗り切れるのか?

弱音を吐いてみるものの、私には分かっている。「人間、やればやれる」さらに言うなら「人間は環境に順応する生き物だからヘーキヘーキ」ってことを。

ヘーキヘーキ

ヘーキヘーキ

もはや、やるしかないんだよなぁ。

年末までは私のパートも激熱のシフトが組まれているけど、やるしかないし、やれる自信もある。とにかく家族全員、体調を崩さないよう頑張って乗り切りたい。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました