読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室。高校受験コース。半年分の費用合計。

娘(中2)が馬渕教室に通いはじめて半年が過ぎた。

馬渕教室と言うと大阪では「それってお高いんでしょ?」な進学塾だけど、実のところ具体的な金額って、イメージ出来ないのではないかと思う。

これは馬渕教室に限ったことではないけれど塾から貰うパンフレットの類って、授業料は分かりやすく書かれているけれど、教材費やその他経費については分かり難いことが多い。

「なるほど…授業料は月々3万円ね」みたいな感じで思っていても、実際に引落しがかかると、それでは足りない…なんてことは、あるある案件。

そこで今回は馬渕教室で半年間で引落しされたリアルな金額を通帳画像を踏まえて公開しようと思う。

半年間の金額ではあるけれど、これを見れば「1年間通ったらこれくらいかかる」「3年間通ったらこれくらいかかる」と言うイメージがつきやいすのではないかと。

今回、通帳画像まで公開するのは、私が馬渕教室を検討していた時に1番知りたかった情報だったから。

馬渕教室のパンフレット等で月謝を確認すると「あれっ?他の塾に較べると少し高い気もするけど、意外と安いよね?」って気持ちになると思う。

それなのに我が子を馬渕教室に通わせている方から話を聞くと「馬渕は高いよ」っ言われて「????」ってなっちゃう…って言う。

実のところ馬渕教室は「月謝」以外にかかる諸経費の金額が半端ない。その辺のことの参考になるかな…と。

スポンサーリンク

馬渕教室。半年分の費用合計

娘は中1の1月の公開テストを受けて馬渕教室に入塾している。

塾って基本的に2月が新学期なので、馬渕教室的には2年生の新学期からのスタート。受講しているのは5教科なので3教科受講の場合はもう少し金額が安くなる感じ。

では、具体的な通帳引落画像など。我が家は馬渕教室用に通帳を作ったので、見事に馬渕教室の引き落としだけが並んでいる。

馬渕教室。半年分の引落し。

馬渕教室。半年分の引落し。

引落し月によって費用が大きく変動するのは、教材費だったり夏期講習だったり、公開テストの費用だったりと月々の費用以外の費用が引き落とされている…と理解して戴きたい。

「塾代はざっくり月3万円」なんて見積もっていると大変なことになるのでご注意戴きたい。

表にまとめるとこうなる。

引落額
2月105448
3月33220
3月34403
4月34403
5月50903
6月34403
7月66633
合計359413

半年間で支払った塾代は359413円。

これは中学2年年時点での費用なので、3年生になるともっと値段がかかると覚悟して戴きたい。

ちなみに3年生の夏期講習の費用は10万円を越える。

ものすごく頭の悪いザックリした計算をする。

半年で359413円。端数切り上げて36万円かかる…ってことは、3年間、バッチリ馬渕教室に通うとすると最低でも36万×6必要なので、3年間では216万円が必要になる。(1年生はもう少し費用が安い…とか3年生はもっとかかる…と言った細かいところは省いた計算です)

ちなみに。娘は中2スタートなので、我が家は「年間60万。2年間で120万円」と想定して、通帳に120万円入金したけれど、この計算だと36万×4で144万…ってことで、120万円の入金では足りないことが判明した。

馬渕教室…恐ろしい塾!

馬渕教室…恐ろしい塾!

最近は馬渕教室も他塾との競争に勝つために「奨学生制度」なんてものをスタートしている。奨学生制度のある教室の場合、授業料が30%返還される可能性がある。(娘の教室にその制度はなかったけど)

最初に入金した金額じゃ足りないかもな…」ってことは途中から薄々気付いていた。

…って言うか初回に10万越えの引落しがあった時点で察するところはあったけれど、実際にまとめて数値化してみると圧倒されるものがある。

我が家は娘1人しかいないので、どうにかこうにかやっていけるけど、複数のお子さんを馬渕教室に通わせているご家庭って親の財力凄いよなぁ…と素直に尊敬してしまう。

娘の場合、中1までは地元のリーズナブルなふんわりした塾に通っていたので、1年間は今よりリーズナブルに済んでいるものの「中1から馬渕教室」となると凄い金額だし、小学校から…とか言い出すと、そりゃあもう卒倒するような金額になる。

これから「子どもを馬渕教室に通わせたいな」って考えている親御さんはこのリアルな数字を見て覚悟して戴きたい。

そして現在、我が子を馬渕教室に通わせている親御さんには「お疲れ様です!お互い、子どものために頑張ってお金稼ぎましょうね!」と熱いエールを送りたい。

……私も我が子のために身を粉にして馬車馬のように働いて塾代を捻出したいと思う。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました