読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

娘、馬渕教室に転塾を決意。

娘は地元の一般的な塾から馬渕教室に転塾することになった。

「お母さん、まずは体験授業から」ってことで体験授業を受けさせてみたのだけど、体験授業から帰ってきた娘の顔を見た瞬間「こりゃ決まったな……」と確信した。

体験授業は英語と数学の2科目を受講。

特に数学の授業が面白かったらしい。「授業が面白いし先生の説明が分かりやすい。そして何より問題がいい!」と娘。今まで通っていた塾は成績でのクラス分けがなかっのたで、娘からすると物足りなかったのだと思う。

……だけど今までの塾のやり方が悪かったとは思わない。色々な生徒がいるのだもの。満遍なく授業をするとなると、真ん中くらいに焦点を合せないと授業が成り立たない

英語については娘はすでに英検準2級を取得しているので、いまいち乗り気ではなかったのだけど、それでも「暗記させるだけ…って感じじゃなくて、理屈を丁寧に説明してくれるから面白い!」とこのと。

「とりあえず、ゆっくり考えて決めなさい」と判断は娘に委ねたのだけど、翌朝になって娘は自分から「馬渕に行かせてください」と言ってきた。

塾ガチ勢の爆誕である。

いや…母は薄々分てたよ。娘が「馬渕の公開テストを受けたい」って言った時から、こうなるんじゃないか…って思ってた。

そうと決まったら転塾の手続きが必要なのだけど、今までお世話になっていた塾の先生に打ち明けるのは申し訳ない気持ちでいっぱい。特に不満もなかったし今まで楽しく通っていたのだもの。

だけど塾に連絡して事情を説明したら「あっ…察し」って感じで特に引き留められるでもなくてホッとした。

そして当たり前だけど馬渕教室の方についてはウェルカム状態。電話をかけた翌日に手続きをして2月1日から入塾することが決まった。ちなみに転塾する場合、授業料は1ヶ月無料とのこと。

ついに…足を踏み入れてしまった。馬渕教室はお高い塾だと聞いているのだけど、これからどれだけ突っ込まねばならないんだろうか?

体操ガチ勢だった頃に「習い事をガチりだしたら親の経済力が必須」ってことは聞いていたので、覚悟だけは出来ている。体操の時もガチりだして大会勢になってから、費用が半端なかったからなぁ(遠い目)

娘の人生なのだから娘が自分で決めれば良い。私と夫はお金出すのと、送迎と心身の健康管理に気配るだけ。これからの生活がどう変わるのかは分からないけれど、なるようになるだろうと思っている。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました