読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

娘、無念のクラス落ち。SSSTからSSSへ。馬渕教室高校受験。

娘は馬渕教室の公開テストが終わると毎度、メンタルが荒れ狂う。

もうここまで来ると娘の大荒れは「もれなくついてくる」くらいのノリだけど、八つ当たりされる立場からする迷惑千万でしかない。

今回の公開テスト自己採点の結果、大事故レベルで落とした科目があったらしくベコベコに凹んで帰宅した。それでも「まぁ翌日には収まっているだろう」と思っていたら、翌朝も大荒れで大変だった。

私。こうやって娘の受験記録を書いているけれど、実のところ娘の成績が上がろうが下がろうが究極どうでも良い。私と夫が最終的に望むところは娘の幸せであって、どこの高校に進学する云々は本人が良ければそれで良い…ってスタンス。

娘は本質的に小さい頃から死ぬほど悔しがりの負けず嫌い。「今回はクラス落ちするかも知れない…」ってことで朝から愚痴りまくりの荒れ模様。

  • 今回の公開テストは本当にヤバイ。
  • 夏、あんなに頑張ったのに成果が出ないのは辛い。
  • クラス落ちするかも知れない。

「クラス落ちするかも」ってのはいつも大騒ぎするので慣れっこだけど、今回は相当気にしているようだった。受験が実感として感じられるようになって娘はナイーブになっているのかも。そんな娘に私は言った。

馬渕では1番じゃなくても学校では違うでしょ? 馬渕でSSSTにいる子達はここまで上がってきた…ってだけでも凄いんだからね。そしてさ…あなたはずっと右肩上がりでやってきたけど、それは誰かを蹴落としてきた…ってことでもあるんだよ。自分が蹴落とされる立場になったしても、それは仕方がない。

実際。娘がSSSTに上がってから娘が仲良くしていた子達の何人かはSSSに落ちていったし、逆にSSSから上がってきた子もいる。だけどクラスがSSSに下がったからと言って、それで何もかも終わり…って訳じゃないのだ。

娘は「そんなの分かってる。○○ちゃんもSSSに落ちたし…でも、いざ自分がそうなると思うと辛過ぎる」と言うのだ。

……面倒くさい。実に面倒くさい。自分でどうにか受けて入れてくれよ…って思いつつ、それでも根気良く娘に言った。

あのね。あなたはこれから先の人生で辛いことが沢山あるんだよ。幼稚園くらいの小さい頃は親があれこれ機嫌を取ってくれたけど、あなたはもう自分の機嫌を自分で取っていく必要がある。いずれ、ひとり暮らししたいんでしょ? だったら今から自分の機嫌を自分で取る練習をしておきない。

すると娘はまともに話を聞く気になったらしく「じゃあ、どうしたら良いかな?」と聞くので私は言った。

好きなことするとか甘いもの食べるとか…かな。あなたは昨日、不貞腐れていたから、せっかく用意しておいたハーゲンダッツも食べずに寝たでしょ? 自分の気持ちが下がるようなことしてたら、そりゃドツボにハマって当然だよ。お母さんが専業主婦時代なら学校休ませてスイーツ食べに行ったりカラオケ行ったり…ってのもアリだけど、仕事休めないし自分でなんとかしなさい。

娘は少し考えてから「分かった…。じゃあ私、これから『帝一の國』を観ながらハーゲンダッツ食べることにする」と言い、コップにカルピスを入れて冷凍庫からハーゲンダッツを出し、Amazonプライムで『帝一の國』を流しはじめた。

私は「失恋してお酒のみながらやけ食いするOL」のような風体でハーゲンダッツのピスタチオ&ミルクを食べながら「私も切腹覚悟だよね」とか「やっぱマイムマイム事変はいいよね」とか本気で楽しんでいる娘を横目に「耳鼻科行ってから登校するので少し遅刻します」と中学校に連絡をして「気持ちが落ち着いたら学校に行きなさいよ」と娘に言い聞かせて出勤した。

結局、娘は遅刻して2時間目に間に合うよう登校したらしい。

それにしても『帝一の國』とか! しかもハーゲンダッツとカルピスをダブルで摂取するとか!

それで娘が吹っ切れたのなら、それはそれで良いのだけどメンタル弱いんだか強いんだかよくわからない子だな…と呆れてしまった。

そして娘の予感した通りSSSTからSSSにクラス落ちした。

面談によると公立高校判定模試の結果は良かったっぽい。面談してくれた先生が言うのはこんな感じ。

  • 今の時点で北野高校を諦める必要はない。
  • 模試の成績では北野高校受験は無問題。
  • だけど次の公開テストでもアレなら北野は無いぞ。
  • 次の公開テストでSSSTに戻ってこい。

…とは言うものの、下から上のクラスに上がるのは並大抵のことじゃない。娘にとって辛い展開ではあるものの、こればかりは自分の力で乗り越えてもらうしかない。

「クラス落ちが確定したら、どんだけ大荒れするんだろう?」と不安だったけれど、先生のフォローもあって公開テストの後に大荒れしたのも良かったのか、娘は存外、冷静な感じで受け止めていた。

親としては正直、どこの高校に行ってくれても問題ないと思っているけれど、負けず嫌いで悔しがりな娘がこの結果をどう受け止めて行動するのかは予想できない。しばらく大荒れが予想されるのだけど、しっかり娘と向きあっていきたい。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
馬渕教室
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました