読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

娘が馬渕教室のSSSに入って1ヶ月が過ぎた訳ですが。

娘が地元のふんわりした塾から地元の馬渕教室に転塾したのが今年の2月。地元の馬渕教室からSSSクラスのある教室に変わったのが4月。SSSクラスに入って1ヶ月が過ぎました。

馬渕教室系の話って興味のある方が多いようなので1ヶ月経っての報告など。

お金を出す親の立場としては色々知りたいかと思います。馬渕教室に限ってことではありませんが、塾の実情って塾の公式HPを読んでもイマイチ明確化されていないんですよね。費用にしても本当に知りたいことは書いていないし、実績にしても結果しか書いていないので、成績の伸び率は分からない…って言う。

あくまでも娘の経緯は「途中から馬渕に通いはじめた子の一例」でしかありませんが、参考になればと思います。

スポンサーリンク

馬渕教室(SSS)1ヶ月

馬渕教室と言うと大阪では相当にイキった塾。公立志向が強い大阪において「北野、天王寺に行くなら馬渕」みたいな風潮があるのはご存知の通りです。実際、北野高校に合格した88%の生徒が馬渕生。「大阪で上位の公立高校に入るなら馬渕に行くしかない」くらいの勢い。

こうなってくると「うちの子も馬渕に入れたら伸びるのでは?」って思ってしまう訳ですが「それは違うよな…」って印象です。

馬渕と言ってもピンキリなんです。

馬渕の場合、成績順でクラスが別れているのですが「馬渕は凄い」と思われている原動力になっているのは公立上位校を目指すSSSTクラスとSSSクラスだけ…と言っても良いかと思います。

SSST・SSSクラスとそれ以外のクラスは全く別次元。馬渕は「SSST・SSSでやれる子を鍛えて確実に合格させる」と言う方針を取っていて、とりあえずSSST、SSSクラスに入れる時点で猛烈に賢い。

過酷な宿題とチェックテスト

噂には聞いていましたが馬渕のSSSの宿題の量は半端ない!

娘はヒーヒー言いながらこなしていますが、娘が言うには「それでも、みんな普通にやってくる」とのこと。「宿題多いから塾行くの嫌だ」ってタイプの子は、そもそもついていけないシステム。

……ガチ過ぎる。

そして毎回、学んだことを確認するチェックテストがあるのですが、それも多くの子がサラッとこなしている模様。

娘はドヤりたいタイプなので「チェックテストで100点取った」みたいな感じで報告してくるのですが、100点を取る子はめずらしくない…どころか、半数以上の子が8割は取ってるっぽい…とのこと。

そもそも馬渕のSSST、SSSに入る子は勉強ガチ勢な上に自意識の塊のような子ばかりなので、ガッチリ勉強して食らいついていく姿勢を持っているようです。

娘は電車で通塾していますが「自転車でこれる距離なのに電車で通ってる子がいるんだよね。自転車と違って電車は乗ってる間、勉強できるから…だって」と娘談。

要するにそれくらい意識高い系のお子さんが多い…ってことです。

SSSに入ったらクラス落ちしない?

5月の初旬に馬渕名物の「公開テスト」が行われます。

馬渕では公開テストの成績でクラス分けが行われる訳ですが、ネット上には「馬渕は1度、SSSクラスに入ったらクラス落ちはしない」と言う噂がありますよね。

「SSSクラスについていけなくて自分から申し出て、下のクラスに行くことはあっても、クラス落ちはしない」みたいな謎の噂。

ですが先日、娘達は予告されたそうです。「ネットにはSSSに入ったらクラス落ちは無い…って噂があるけど、成績落ちたらクラス落とすからな。別の校舎から来た子は元の校舎に返すし、下から上がってきた子は下のクラスに落とす」と。

子ども達が震え上がったことは想像に難くありません。

……と言っても、実のところSSSクラスに入る時点でかなり頑張る子達なので「よほどの事がないかぎりクラス落ちはないのかな」とは思います。

娘も頑張っていますが、娘の話を聞いているとクラスメイト達はみんな頑張っていて「そりゃ、そこまで頑張れば成績上がるわ」って思ってます。

気になる塾の費用

娘がSSSクラスに上がるときに気になってたのが塾の費用。一般的な習い事ってランクが上がると月謝が上がりますよね。

「クラスが上がったら費用も上がるんじゃないだろうか? ただでさえ高い塾代なのに、うちはやっていけるんだろうか?」とビビっていたのですが、馬渕教室の場合、クラスが変わっても塾代は金額は変わりませんでした。

謎なのですがSSSクラス以上は週4日。それ以下のクラスは週3日の授業なのですが、それでも授業料は同じです。ある意味SSSクラス以上はお得…と言えばお得な設定。

馬渕から届いた請求メールのスクショを貼っておくのでご参考までに。

Sクラスの費用
Sクラスの請求メール

Sクラスの請求メール

SSSクラスの費用
SSSクラスの請求メール

SSSクラスの請求メール

……ただし、SSSクラスに上がる場合、テキストが増えるのでそれについての費用はあります。

そして中2の秋からは「日曜文理」と言うコースが追加されるので、今後の費用がどうなっていくかは分かりませんが、それつにいてはまた秋以降に。

正直、馬渕のSSSクラス以上の指導は相当厳しいです。子どもを通わせておいて言うのもなんですが、私には無理だし行きたいとは思えません。

今後の予定について

だけど娘は「しんどい」「もう無理」と言いながらも「やっぱり変わって良かった。馬渕の授業は面白い」と楽しそうです。

学校の先生って「塾行ってる子は真面目に授業を受けない」て言う人が多いですが、馬渕に通って公立上位校を目指す子達は内申が気になるので副教科も疎かにしないので、学校は学校でちゃんとやってる気がします。(あくまでも娘の場合なので他のお子さんのことは分かりません)

馬渕は費用が高いし、授業も厳しいし、宿題も多い。だけど「やりたい」と言う意欲とガッツのある子にはオススメできる塾だと思います。

娘が次の公開テストで成績をキープできるかどうかは謎ですが、我が家の方針としては好きなようにさせるつもりです。秋からスタートする日曜文理についても娘が通いたければ通えば良いし、嫌なら行かなくても良いと思っています。

以上、娘が馬渕教室に通いはじめて1ヶ月目の報告でした。

たぶん次の塾関連報告は「馬渕教室夏期講習の費用について」になるとか思います。夏期講習の費用…今から震え上がっています。子どもに厳しい馬渕教室は家計にも厳しい。

……パートと節約頑張ります!

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました