読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室。コミルからやたらメッセージが届く件。

馬渕教室では昨年から「馬渕WEB」と言う独自の連絡システムから、汎用塾アプリ「コミル」に連絡システムを移行した。ちなみにコミルは「子・見る」と言うオヤジギャグ的な…小林製薬的なネーミングだと推察される。

コミルはスマホでもパソコンでも使えて、欠席の連絡等もLINEのような感覚て気軽に送信出来るので、親としては大変ありがたい。

そして馬渕教室からも、保護者に向けてなんだかんだとお知らせが届く。

  • 公開テストの日程。
  • 英検対策講座の受講確認。
  • 春期講習の日程。
  • 本年度の進学実績(ドヤァァァ)

……などなど。基本的に馬渕教室からのお知らせについては馬渕WEB時代とそう変わらない気がするのだけど、コミルに変わってから何かと個人宛のメッセージが届くようになってビックリしている。

例えば…こんな感じの内容のメッセージが届くのだ。

数学の復習テストで満点だったのでご報告します。
しっかり学習されていて素晴らしいですね。
ご家庭でも褒めてあげてください。

初めてメッセージを受け取った時は「あら、嬉しい」って言うよりも「親が気づいてないだけで、娘の様子がヤバイのか?」と勘ぐってしまった。

数学は娘が「特に怖い」と恐れている先生。先生の噂は娘から伝え聞いていたため、その先生が褒めてくれても素直に受け取ることが出来なかったのだ。

さらに言うならコミルからメッセージが届いた前日は娘は学校で嫌なことがあって、娘が落ち込み気味だった…ってこともある。

なので私は「親が思っている以上に落ち込んでいて、塾の先生も何か気になったんだろうか?」と妙に勘ぐってしまったのだ。

夫も同じことを感じたようで、そんな夫婦の間で交わされたメッセージはこうだった。(一部修正したり消したりしています)

夫婦間で交わされた会話

夫婦間で交わされた会話

娘にコミルからメッセージがあった事を伝えると「ん~。私は滅多に100点なんて取れないから、だからじゃない?」とアッケラカンとしていた。

それ以降も他の教科で満点を取ったときもメッセージがと届くようになったので「なるほど…とにかく褒めていくスタイルなんだな」と理解した。

突然、馬渕教室からメッセージが届くようにってビックリしたのだけど、これは馬渕WEBからコミルに変わったらかスタートした風習なのか、それとも娘が受験生になったからなのかは分からない。

馬渕教室からのメッセージ。素直に喜んでおけば良いのだろうけどスマホにコミルからのお知らせが届くと妙にドキッとしてしまう。

実のところ丁寧にメッセージを送ってこなくても、娘は自慢したがりなので100点取ったらその日のうちに盛大にドヤってくるので「ありがとうございます。だけど、そこまで気を使って戴かなくても大丈夫です」と思ってしまう自分がいる。

そして、そう思いながらも「ご連絡ありがとうごさざいます(中略)今後ともご指導よろしくお願いします」みたいな返信を送るのだ。

コミルを使ってのマメなメッセージの送信は馬渕教室全体の方針なのか、娘の通っている校舎の方針なのかは謎だし、全学年で行っているかどうかも分からなけれど、先生も大変だなぁ…と感心する。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました