読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室の個人面談に行ってきた。

先の土曜日に馬渕教室の個人面談へ行ってきた。意外に思われるかも知れないけれど、私。馬渕教室の個人面談は初体験。

娘は中1の冬に公開テストを受けて馬渕教室に入室した。

中1の冬と行っても塾的には丁度中2のカリキュラムがスタートしたところ。最初は地元の馬渕教室に通っていて、中2の4月にSSSに進級したので別の校舎。

別の校舎で個人面談を受ける流れ…と思いきや進級と個人面談が重なっていたので今の校舎での個人面談をすることなく、ここまで来てしまった。

そんな訳で娘がお世話になっている塾の先生とは1度たりともお会いしたことがない状態だった。前の校舎では入塾のときに説明を聞きに行ったっきりで入試だの進学だのの話をちゃんと聞く機会はなかったのでドキドキの初体験である。

スポンサーリンク

馬渕教室、中3個人面談

個人面談をしてくれたのは社会の先生だった。

私は娘が死ぬほど恐れていているくせに「私、○○先生の授業受けてると数学って楽しいって思えるんだよね」と言う数学の先生(校長)にお会い出来るものと思ってたので、ちょっぴりガッカリ。

「いやぁ…てっきり校長先生にお会いできるものと思ってたんですけど」なんて事はおくびにも出さずにご挨拶をして面談スタート。

志望校について

まず聞かれたのは志望校について。たぶん子どもと親との意思の齟齬が無いかどうかの確認だったのだと思う。

ちなみに娘の希望はこんな感じ。

娘の志望校については現時点だと「妥当なところだと思いますよ」みたいな反応だった。案外アッサリしていて拍子抜け。

公開テストの偏差値を含めて「この程度をキープしてください」みたいな話を聞きつつ「参考までに私立併願で洛南はアリですか?」と聞いてみた。

昨年度、洛南の合格者が多めだったと聞いた娘は「自分には無理だろうけど憧れちゃう」みたいな事を言っていたので、どんなものかな…と興味があったのだ。

その結果……洛南もアリって感じだった。

ものすごく意外だったのだけど洛南(空)の併願は馬渕偏差値的には西大和学園併願にOKが出るならOKみたい。

娘の通っているこ校舎からの受験者が少ないのは「遠いので合格しても絶対に通わないから受けない」ってところが大きいのかも知れない。

夏休み以降のことについて

馬渕の先生が言うには「とにかく宿題とチェックテストをしっかりこなしていってください」とのこと。

入試分析会でも話が出ていたけど「毎年、馬渕教室はアホほど宿題が出る…と言われていますが、アホほど出します。でも、みんな必死でついてきますよ」みたいな話。

そして授業で使う問題や宿題の難易度についても話も出てきた。

馬渕教室では正直「ここまでやらなくても良い」ってレベルの問題が出ます。それは合格のその先を考えてのことです。合格させるだけじゃなくて、進学した高校で「馬渕であれれだけ頑張れたのだから、やれる」って自信を持って欲しいんです。

この話を娘に伝えると「あ…なんか分かるかも」と納得していた。

そして先生はこんな話もしてくれた。

私は北野じゃなくても、天王寺でも三国丘でもどこでも良いと思っています。どこの学校に行っても楽しくやっていけると思います。しっかり鍛えてそういう状態にして送り出したいんです。
娘が言うには「北野じゃなくても、天王寺でも三国丘でも好きなところ行け」って言うのは、どの先生も話してくれるよ」とのこと。

「ダメ出しする時はします」って言う安心感

ひと通り娘の話をしたところで受験についての馬渕教室的な話をちょっぴり聞いてみた。Zoomで参加した大阪府立高校入試分析会の時にふと思った疑問など。

当たり前の話だけど受験に絶対なんてことはない。

例えば…の話だけど「どう考えても無理じゃね?」って学校を受験したいと言った場合、どんな対応を取るのかな…ってところは正直気になる。

馬渕教室的な答えはこうだった。

  • どんなに分析したところで受験に絶対はない。
  • 絶対はないけど数字(偏差値)は裏切らない。
  • 我々は数値と分析に自信を持っている。
  • 無理だと思ったら絶対にストップをかける。無理はさせない。

ただし「ものすご~くレアケースだけど、唐突に成績がグイグイ伸びて超右肩上がりになった子が実力より上の学校を志望した時はGOを出すこともある。ただし、これは生徒をずっと見ていないと判断できないし、数値だけでどうのこうのは言えない」とのこと。

ジャイアントキリングを起こす子も「ごくまれ」にいるそうだけど、おおむねにおいて数字は裏切らない…とのこと。

夏以降頑張れるかどうか

……ってな訳でワクワク・ドキドキの初めての個人面談は思っていてたより新情報はなかった。

強いていうなら「洛南は自分達が思っていたほど無理ゲーな併願校ではない」ってことが分かったくらい。

今のところ娘は「志望校を受験してもいいよ」って枠には入っているものの、これはあくまでも「現時点では」って但し書きがついている。

夏期講習を含め、夏以降の頑張り次第では今後の進路も変わってくる可能性がある。

夏以降にグッと伸びる子もいれば、停滞したり下降してしまう子もいる訳で、これについては娘次第なので何とも言い難い。

私と夫は「どこに着地しても良いから後悔だけはしないうにやって欲しい」と思っている。

娘の場合、部活の引退が8月初旬なので夏期講習と部活が重なる次期はかなりキツイだろうことが予想される。親としては最大限に娘を推していくけれど「部活も塾も両方やるとか本当に頑張れるの?」みたいな気持ちもある。

とりあえず夏休み&夏期講習。子も親も体調第一で乗り切っていきたい。続きを読む→娘、夏期講習が始まる前から音を上げる。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
馬渕教室
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました