読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室(高校受験)の初回引き落とし額。

娘が地元のふんわりした塾から馬渕教室に転塾して、初めて授業料の引き落としがあった。

馬渕教室に興味のある親御さんは、みんな知りたがていると思う。

「馬渕って授業料高い…って聞いてるけど実際にはどれくらいかかるの?」ってこと。

馬渕教室に限ったことではないけれど、塾の授業料って不透明感が凄い。

ポスティングチラシ等には「月額 ○万円」みたいに表記されていても、実際に入塾すると、教材費だの、夏期講習費だのが別料金になっていて、予想していた以上の支払額になってしまう。

なので今回はそこのところを含めた上での授業料を公開させて戴きます。

この資料は2021年2月時点での料金設定です
スポンサーリンク

馬渕教室(高校受験)

馬渕教室の場合、授業料は翌月分を前の月に払い込む形になっています。

娘の場合、別の塾からの転塾なので「転塾応援システム」で初回授業料は無料でした。

今回支払ったのは3月分の授業料と教材費、公開テスト費、2ヶ月分の諸経費(設備費、コンテンツ費)が含まれます。

どうぞ刮目してご覧くださいませ。私は腰が抜けるかと思うほどビックリしました。

初回支払額

  • 授業料(SS・S・H)【英数国理社】 31,350円
  • 設備関連費(毎月引落) 2,090円
  • 設備関連費(毎月引落) 2,090円
  • システム・コンテンツ費(毎月引落) 440円
  • システム・コンテンツ費(毎月引落) 440円
  • プリント・テスト・資料費 3,300円
  • 公開テスト代 22,000円
  • MSP有料サービス 523円
  • MSP有料サービス 523円
  • 教材費 42,702円
  • 請求合計:105,458円

※ 2つ並んで計上されているのは毎月引き落とされる諸経費の2ヶ月分です。

請求合計 105,458円!

「馬渕は高いよ」と噂にはかねがね聞いていましたが、まさかの初回10万円越え。

もちろん、毎月こんな金額になる訳ではなく、教材費と公開テスト代が一括で引き落とされたことと、設備費的なものが2ヶ月分だった…ってところが痛かった。

ちみに馬渕の授業料は、11ヶ月均等払いになっています。1年間は12ヶ月なのに11ヶ月しかないのには理由があって、夏休みにあたる8月は別料金なんです。

まだ入塾したばかりなので8月の授業料については、どれくらい引き落とされるの想像もつきません。

ちなみに、通常月は授業料(5教科)と諸経費を足して34,403円になります。

馬渕教室に入塾した時、塾の引き落とし口座にガツンと入金しておいて良かったな…としみじみ感じました。生活口座の履歴に毎月、この金額が計上されるのかと思うと目にするたびにストレスだったろうな…と。

夫と相談して「2年間で120万円くらいあったら足りるだろう」と予想したのですが早くも初月から「本当に足りるのかな…」って気持ちになっています。

馬渕教室2年間120万円チャレンジの行方については乞うご期待。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました