読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室。大阪府公立合格判定模試と出陣式。

この春、中3になった娘。馬渕教室で初めて「大阪府立高校合格判定模試」に挑んだ。

娘の現在のスペックはこんな感じ。

  • 馬渕教室SSSTクラス。
  • 席順は真ん中より後方。
  • 中学校の評定は1、2年通してオール5。

どうして中学校の評定を書くか…と言うと、大阪府立高校の受験には中学校の成績が当日の受験にも加点されるから。もちろん『大阪府公立合格判定模試』にも反映される。

ブッチギリで賢いお子さんなら評定が多少悪くても当日点でブッチギっていけば良いのだけれど、そうでない場合で上位文理学科を目指すのであれば評定はオール5か限りなくオール5に近付けた方が断然お得。

馬渕教室に通っているお子さんの場合、もはや馬渕教室の名物とも言える「公開テスト」を受けまくっていると思うし娘もすっかり公開テストには慣れている。

だけど『大阪府公立合格判定模試』公開テストとは全く別物みたい。

問題の傾向や出題形式を限りなく大阪府立高校の入試に寄せているので、娘も大苦戦。ちなみに。国語ではちゃんと作文も出題される。

そして第1回『大阪府公立合格判定模試』。点数的には散々で、驚くほど点が取れていなかった。これは娘だけの話ではなくて全般的に点が取れていないよね…って印象。

ちなみに。娘の『大阪府公立合格判定模試』の結果は、北野がB判定。天王寺がA判定だった。

身バレ防止のため、得点詳細は記載しません。たまにブログ等で公開テストの結果を書いている方がおられるけれど、あれは特定される可能性があるのでマジで止めた方が良い。冊子にフルネームが記載されるので最悪、フリー素材化不可避でござるよ。

……で。話は変わるけれど大阪府公立合格判定模試が整ったところで出陣式ですよ。

スポンサーリンク

馬渕教室の出陣式

娘は中1の終わりに公開テストを受けて中2から馬渕教室に入塾した「遅れてきた馬渕生」なので出陣式的な物に出席するのは初めての経験。

ハチマキをまく女子中学生

私のイメージするハチマキまいた受験生

私自身は塾に通ったことがなくて塾の出陣式とか漫画やテレビの知識しかないので「ハチマキ巻くの?」「エイエイオーとか言うの?」なんて思っちゃうような人間なのだけど、実際はこんな感じだっだらしい。(なおハチマキは無いみたい)

  1. 大阪府の高校受験の流れ。
  2. 各高校の偏差値等のザックリした説明。
  3. これからの教科別の学習の流れ。
  4. 圧をかけていくターン。

実のところ「1~3」までは通常授業の中でも聞かされていて、保護者の方もネット等情報は入れていると思う。

ちなみに2については、クラスによってターゲットとする高校以外は爆速で流されるっぽい。

たぶんメインは「圧をかけるターン」だと思う。娘から聞いた話で私が心に残ったのは「ウサギとカメ」の話。

『ウサギとカメ』って話があるだろ? アレってカメ最高~ってなってるけど違うからな。止まらないウサギの方が強いに決まってるだろ? お前らは止まらないウサギになるんだよ。止まらないウサギは絶対、強い。間違いない。
「せやかて工藤…」みたいな気持ちになってしまったよね。止まらないウサギとか無理過ぎんか?
せやかて工藤

せやかて工藤

ものすごく有意義な話になるかと思いきや「いつもの馬渕だった」と娘の談。

だけど「そうは言っても、なんかヤル気出た。テンション上がったわ~」とのこと。何なんだろうなぁ~。圧かけられてヤル気出ちゃうとか馬渕のこと大好き過ぎかよ?

ちなみに。出陣式は生徒のみの参加で保護者向けの集まりは6月頃に予定されているとのこと。馬渕教室からは「今回は生徒だけって事で夜露死苦!親は来るなよ。絶対に来ちゃ駄目だぞ」みたいなお知らせがクドいほど届いていた。

ほぇぇぇ~。中1の冬にノリで公開テストを受けてからここまで来て、気がつけば受験生。ここから先、何が待っているのか考えたくもないけれど、今後も粛々と娘をサポートしていきたいと思っている。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました