読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

馬渕教室。電車に乗ってSSSTのある教室へ通うべき?

娘は電車に乗ってSSS・SSSTクラスのある馬渕教室に通っている訳ですが、馬渕教室のSSS・SSSTクラスは限られた校舎にしか設置されていません。

馬渕教室は2022年現在、大阪府に70校以上ありますが、SSS・SSSTのある校舎は9つだけです。

「たまたまSSS・SSSTが設置されている校舎の近くに住んでいます」って方はものすごくラッキーで、SSSTクラスに在籍する多くの塾生は親御さんが車で送迎したり電車で通塾しています。

先日ある質問を受けました。質問の内容はこんな感じ。

  • 子どもが馬渕教室に通っています。
  • 通っているのはSSSクラスまでしかない校舎です。
  • 先の公開テストの結果でSSSTのお誘いを受けました。
  • 通塾するには電車が必須。
  • SSSクラスとSSSTクラスの授業内容は同じだと聞いています。
  • わざわざ電車で通わせる意味ってありますか?

娘の場合、地元の教室にはそもそもSクラスまでしかなかったので、上のクラスに行きたい…となると電車で通うしかななくて「SSSTに上がる権利はあるけど、どうしようかな?」みたいな迷いはありませんでした。

ですが馬渕教室には「SSSまで設置しているけれどSSSTの無い校舎」がいくつかあって、そこに通っている生徒がSSSTに上がるとなると、その時点で電車なり車で送迎して遠くの校舎まで通うことなります。

……確かにこれは迷いますね。

スポンサーリンク

電車に乗ってSSSTのある教室へ通うべき?

馬渕教室について書く時に何度か触れていますが馬渕教室のSSSとSSSTの授業のカリキュラムは同じなんです。なので「同じことやるなら上のクラスに行かなくても実質同じなのでは?」って考えるのは当然ですよね。

それでもガッツのあるお子さんの場合、私は断然、電車通塾をオススメします。

SSSTクラスを設置している校舎には電車通塾するだけの魅力があるんです。

精鋭の先生がいる!

娘を実際に通わせてみての体感ですが、SSS・SSST設置校舎の先生は馬渕教室の中でも精鋭を配置している気がします。

馬渕教室は「大阪府下で北野高校の合格者数ナンバー1」を売りにしている受験塾です。

普通に考えて「そりゃそうか」って話ですが、北野高校を狙える生徒は馬渕教室にとって金の玉子であると同時に、広告塔でもあります。企業は自分の利益のために広告費を惜しむことはありません。

普通に考えて、広告塔としての見込みのある子が沢山いる教室には腕の良い指導者を配置しますよね?

SSS・SSSTクラスのある校舎の先生は指導力が半端ありません。それは「分かりやすく教える」ってところだけでなく、生徒の心を掴んで、生徒達の意欲を煽っていくことも含まれます。

娘の通っている校舎での一例

娘の通っている校舎では今年は洛南高校(空パラダイム)に4人合格者が出たそうです。

洛南高校(空パラダイム)は京都で屈指の進学校ですが、校舎のある場所と塾生の住んでいる地域を考えると合格したとしても通う気が無いと思われます。

「通う気のない高校を受験するなんて、塾が実績上げたいから賢い子に無理やり受けさせているんじゃない?」って思いますよね? 私もそう思いました。

だけど娘から話を聞いたところによると、どうもそうではなさそうなんです。

要するに「大阪の私立で自分が受けたいような高校はないから、もっと賢い学校で腕試しをしたい」みたいなノリ。

SSST在籍の子達の中では北野を目指しつつ、実力が届くなら灘・東大寺・洛南あたりを受けるのが「俺カッケー」って認識。

2年生の生徒に洛南4名合格を伝えた時の先生の言葉がイカしてました。

お前達、今はまだ「俺は関係ねぇ」って思ってるかも知れないけど、どうせその場に立ったら受けてみたくなるんだよな。

受けてみたくなる」と予言。でも決して「受けろ」とは言ってないんです。

「いやいや。そんな風に言われたからって、真に受け子ちゃう子がいるの?」って話ですがビックリするけどいるんですよ。まぁ…うちの娘がその中の1人なんですけど。

「自分もやりたいって思った子は絶対多いと思う。あの時、クラスの空気がウオオッ~みたいな感じになった」と娘談。

このエピソードはあくまでも一例なのですが、SSS・SSST校舎の先生は子どもの競争心を煽るのがビックリするほど上手です。馬渕教室SSSTクラスの子達、先生の手にかかると案外ちょろい。

「先生方はどんな催眠術使って子ども達の士気を上げてるの?」って本気で不思議に思います。

うちの娘など馬渕教室に入るまでは「どこか文理の高校に入れたら嬉しいな」くらいの控えめな希望しか持っていなかったのに、1年通った今では「成績が届くなら北野受けたい」と公言する始末。

電車に乗ってSSSTのある教室まで通うべき?

「馬渕教室、電車に乗ってSSSTのある教室まで通うべき?」って質問をされたら、私は「とりあえず行っとけ」と答えます。

  • 体力的にどうしても無理。
  • そもそも馬渕のそういうノリは苦手。

…って感じではなく「どうしようかな?」くらいのノリなら、電車に乗ってでも断然上のクラスのある校舎に行くことをオススメします。

何度も書きますがSSSとSSSTのカリキュラムは同じです。

どこの校舎で授業を受けようが内容は変わりません。キッチリと学習に取り組むことができれば、どこの校舎に在籍していても同じクオリティの成果を得られるでしょう。

だけどSSST設置校舎には凄腕の先生達がいて、親には想像のできない場所へ子どもを引っ張り上げてくれる……かも知れません。

飛ぶぞ

飛ぶぞ

こればかりはやってみない分からないことですが、どうせ馬渕教室に高い授業料を払うなら、とことん利用し尽くして戴きたいと思います。

現場からは以上です!

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました