読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

4月から受験生(中3)の中2娘に志望校を確認してみた。

娘は現在中学2年生。この4月から3年生に進級して受験生になる。

小学生の時は体操ガチ勢だった娘は中学2年の2月から馬渕教室に入塾。この1年間ですっかり馬渕色に染められている。

「子どもを馬渕教室に通わせている」と言うと、なんかこぅ…ガチガチの教育ママみたいに思われがちだけど、我が家の教育方針は全然そんな事はなくて、夫と私が娘に望むことはあまり多くはない。

  • 成人したら家から出て行って欲しい。
  • 自分の口は自分で養える人(稼げる人)になって欲しい。
  • そこそこ楽しく暮らして欲しい。

……なので、娘がどこの高校に行こうが大学に行こうが、娘が好きなようにすれば良いと思っている。だけど娘は私とは違うタイプの人間で少年ジャンプの主人公の魂を持っている。

「俺より強い奴に会いに行きたい」

俺より強い奴に会いに行く

俺より強い奴に会いに行く(本当の出典はジャンプマンガではなくストリートファイター)

体操をやっている時も娘はそんな感じで上を目指していたし、馬渕教室に入ってからもホントそれ。そしてそんな娘の性格は馬渕教室に合っていたらしく、なんだかんだ言いながらも楽しく通塾している。

そんな訳で娘は楽しく馬渕教室に通っているけれど、3年生になると中学校の懇談等では志望校を聞かれることになる。そろそろ、キッチリとその辺りのことを娘に確認しておかねばならない…ってことで、娘に現時点での志望校を聞いてみることにした。

私は娘に伝えた内容はこんな感じ。

  • 父さんもお母さんも娘に良い高校に行って欲しいとは思っていない。
  • 英検2級が大変なら受けなくても良い。
  • 私立専願で行きたいなら私立でも良い。
  • とにかく自分が後悔しない選択をして欲しい。

夫も私も娘には「後悔しない生き方」をして欲しいと思っていて「親が期待してくれているから」とか「親に言われたから」なんて理由で受験する学校を選んで欲しくないし、後からグダグダ言われるのはノーサンキュー。受験に成功しようが失敗しようが、そこは自己責任でお願いしたい。

娘から返ってきた答えはこうだった。

「成績が届くのであれば北野に行きたい。私立併願は西大和学園

薄々予感はしていた。娘は北野に行きたいって考えているんじゃないかな…って。だけど正直、今の娘の成績では北野はちょっと難しい。しかも娘は北野を受けるとなると必須条件とも言える英検2級を取れていないのだ。

実のところ娘の通っている中学校から今まで北野に合格した子はゼロに等しい。もしかしたら過去に1人くらいはいるかも知れないけど…ってレベル。

「娘の中学校から北野は遠いから受験しない」…ってところもあるけれど、学力的にも届かないのだと思う。天王寺に合格する子が1人いれば上々…くらいの中学校なのだ。なので「北野を受けたいです」と言っても担任の性格によってはドン引きされてしまう可能性もある。

…だけど娘がやると言うのなら応援するしかない。

娘には「覚悟を決めたのなら頑張りなさい。四の五の言わずに英検2級も取りなさい。お父さんもお母さんも全力で応援するし推していくから」と伝えた。

娘の決意を聞いたところで私は娘に聞いてみた。

娘は英検2級に落ちた時、切れ散らかして言ったのだ。「私は馬渕の後ろの席に座ってる子達とはぜんぜん違う。あの子達はオカシイくらい頭が良くて勝てそうにない」と。

もし娘が運良く北野に合格出来たとしても、北野には彼女の言うところの「オカシイくらい頭の良い子」がワンサカいて、その子達と競っていかなければならないのだ。「それなのにどうして北野に行きたいの?」と。

娘の考えはこうだった。

北野と天王寺は校風が全く違うと聞いている。北野は真面目で勉強大好き人間の集まり。天王寺は学校行事も盛んだしウェイな人達も多いらしい。

私はきっと天王寺に行っても楽しくやれるタイプと思うけど、そもそも私はそこまで勉強大好き人間…って訳じゃないので、天王寺に入ったらきっと遊びまくってしまうと思う。勉強をゴリゴリする子の中にいれば私も釣られて勉強する。だから私は北野に行きたい。

そこまで勉強大好き人間じゃないのなら北野に行かなくても良いのでは?

……一瞬、そんな考えが頭をよぎったよね。

だけど流石にそれは口には出さなかった。娘は性格的に競争大好き人間で、少年ジャンプの魂を持っているので「少しでも上」を目指したいのだと思う。

  • 娘は公立高校入試までに英検2級に合格できるのか?
  • 併願に西大和学園って言うけど受験させてもらえるのか?
  • そもそも馬渕教室のSSSTをキープ出来るのか?
  • 北野を受験出来るだけの実力はあるのか?

色々と問題は山積みだけど、本人がやりたいと言うのなら応援するしかない。今年は色々とストレスの多い年になりそうだけど1年間覚悟して走り抜きたいと思う。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました