読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

JK。海・山・部活。夏を満喫する。

記事内に広告が含まれています。

天王寺高校1年生の娘。この夏はJKとして夏を満喫しまくっている。

まずは7月はじめに行われた若狭の水泳訓練。若狭の水泳訓練は2泊3日で行われるのだけど、一応「希望者のみ」ってことになっている。希望者が多い場合は抽選だったりするそうだけど、2023年は「予定より人数オーバーでしたが、宿の方とボランティアの方のご厚意で全員参加できることになりました」と、娘も参加できることになった。

高校の友達と海へ…と言うと、浜辺でキャッキャウフフを連想しがちだけど「水泳訓練」と言うだけあって、かなりキツかったらしい。そもそも持ち物に「サラシ2メートル」なんて物が指定されるあたりヤバイ。サラシは水泳訓練中、腰に巻いていて「万が一」の事があれぱ、引っ張り上げてもらうための物とのことだった。

めちゃくちゃ泳げる子は遠泳。普通の子は養殖の網のような囲いの中でひたすら泳ぎ、泳ぎの苦手な子は浜辺で延々と練習していたとのこと。それでも娘は「楽しかった~」とニコニコ笑顔で帰宅した。

そして山はあしび山荘への林間学校。電気も水もトイレもない山荘へ行って寝泊まりする…というワイルドなもの。これも希望者のみとのことだったけれど、娘のクラスは部活の大会等の理由で参加出来なかった子以外はほとんど参加したらしい。

電気も水もトイレもない山に行くとか私だったら本気で遠慮したい行事だけれど「行きたい」って子ばかりなのが驚かさる。

かなりキツイ登山だったそうだけど、こちらも娘は「楽しかった~」山の上で食べる物はなんでも美味しいとか、天の川が綺麗だったとか、楽しそうに報告してくれた。

高校1年生の夏に海と山、両方行くだなんて、なんと言うリア充!

そしてその合間に部活&部活の試合。「体力続くの凄いねぇ」と我が子ながら呆れてしまう。あしび山荘への登山の翌日に部活に行ったのには恐れいった。

ついでに書いておくなら「浴衣を着て夏祭り」なんてことも行っていて、これ以上ないほど娘は夏を満喫している。なお8月末には部活の合宿が控えている。

高校1年生の夏ってこんなに充実しているものなんだろうか?

娘を見ていると「羨ましいなぁ」と思うと同時に「私は遠慮したい」って気持ちも湧き上がってくる。天王寺高校は娘にとってこれ以上ないほどピッタリくる学校だったと思うのだけど、性質的に「私(俺)には合わない」って思う子もいるんじゃないかと思う。

まぁ、それはそれとして。娘が元気に夏を楽しんでくれている事を嬉しく思う。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高校生活
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で