読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

天王寺高校入学式と新生活。

記事内に広告が含まれています。

今さらだけど4月4日に娘の高校の入学式が行われた。

私はパート先の療育開始日で休むことができず、夫が有給を取って参加した。「私も参加したかった」と言う気持ちもあったけれど「もう高校生だし、まぁ良いか」みたいな気持ちがあったのも本当だ。

入学式は至って普通に執り行なわれ、生徒達が教室に戻った後で保護者一同は先生方から「ありがたいお話」を聞かされたとのこと。

ざっくり言うとこんな感じの内容。

お子さん達は中学校の時に1番の成績を取っていたと思うのですが、これからは違います。どうかそのことを頭に置いて欲しい。そして今までは子どもに手をかけていたと思うのですが、どうか子どもから手を離してください。3年後に1人暮らしをはじめる子がいるのだから「自分のことは自分で」の習慣をつけるよう見守ってください。

正直、これは私達夫婦が考えていたことと同じだったので特に何も思わなかったのだけど、高校側からの「お願い」の中の最後の1つがイカしていた。

天王寺高校は行事が多くて大変忙しい学校です。どうか早く寝かせてやってください。早寝と健康管理については是非気をつけてください。

天王寺高校は行事が多くてワイルド系だと聞いていたけど「早寝させろ」とまで言われるとは思っていなくて、面白いな…と感心した。

そんな訳で娘の高校生活がスタートしたのだけれど、娘のクラスの担任の先生は「出来るだけ沢山のメダルを取りに行くからな」と張り切っているらしい。天王寺高校は行事が多くて、運動会だの合唱コンクールだのと言った行事でクラス順位を付けるとのこと。

そしていきなり5月に運動会があるそうなのだけど娘のクラスでは早くも「応援合戦で使う曲を決めないと…」みたいな話になっているらしい。

娘が楽しそうに学校の話をしているのを聞きながら「天王寺高校に入学できて良かったなぁ」と改めて感じている。娘の高校生活はまだ始まったばかりで先の事は分からないけれど天王寺高校は娘の性格に合った学校だと思う。

娘は「お母さん、7月には宿泊で山にも海にも行くんだよ! 海の研修は抽選らしいけど当たるといいなぁ」と早くも夏を楽しみにしている。

なお山の宿泊はガスも電気もトイレも無い山荘に寝泊まりするとのこと。小学校時代、キャンプで慣らした娘なら問題なく楽しめると思う。

…と。そんな訳で娘の高校生活は順調に滑り出した。娘にはとにかく全力で高校生活を楽しんで欲しい。

↓馬渕教室に関する日記(最新の内容が上になります)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高校生活
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で