読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

天王寺高校1年生。12月の三者懇談。

記事内に広告が含まれています。

娘の三者懇談に行ってきた。

春に高校生になった娘はJK生活を満喫している。娘の入学した天王寺高校は娘の性格に合っているようで、毎日が楽しくって仕方がない…いった感じ。

「それはそれは順風満帆な高校生活ですね」って言われそうだけど、実のところそうでもない。

娘は一時期遊びに部活にと満喫し過ぎて体調がガタガタの時期があった。学校を休むこともあれば遅刻で対応することも。娘が希望して入った東進衛星予備校も後半はほとんど通えていなかった。

私も夫も「高校生になったのだから娘の自主性に任せよう」と思っていて娘の好きにさせていたのが失敗だった。娘はある程度は干渉しないと、ちゃんと出来ないタイプだったようだ。

例えば…だけど「どう考えても無理でしょ?」って感じでの遊びの予定を組んでしまったり、遅くまで友達とライン通話で喋りまくって、あわてて夜中に勉強したり…など。

それでも最初は「まあ成績が下がって頭を打てば分かるだろう」と暢気に構えていたけれど、体調を崩すまでに至ったので「これはマズイ」ってことで途中から方針転換。

  • 生活態度については口を出す
  • 東進衛星予備校は一旦解約
  • 学校メインで生活を進めていく

……と言うことをした結果、目も当てられなかった成績がちょっとだけ上向いてきた。とは言うものの決して褒められた成績ではない。

そんな中、三者懇談で最初に担任の先生が聞いてきたのは「進路希望については以前、提出してもらったから知ってるけど、どこ行きたいの?」だった。

娘は完全に挙動不審者…って感じの様子で「きょ…京大の工学部です…」と消え入りそうな声で答えた。

言っちゃあなんだけど娘の今の成績で京大なんておこがましいにも程がある。本人もそれは自覚しているので親や先生の前では口に出し難かったのだろう。私も横で苦笑い。

さぞやケチョンケチョンに言われるかと思いきや…担任の先生の言葉は予想外だった。

「いいと思いますよ。そのまま行きましょう。まだ諦める段階じゃないですからね」

一瞬、我が耳を疑った。娘の成績のどこをどう見て「京大を目指せ」と言えるのか?

担任曰く「体調が悪くて酷い時期もあったけれど改善されているし、順位は上がってきている。次の定期テストではもう少し上げていこう」とのこと。そして駿台模試の結果については「校内順位は酷いけど駿台模試は案外悪くないね」と。

その後、細かい勉強の進め方や注意点を話してくれて、娘の点数が悪い教科の担当の先生からの話などを聞かせてくれた。

そして私には「必要な時は私から厳しめに指導するで、家で愚痴を言ったら聞いてあげてください」みたいな話をされた。要するに「勉強についてはこっちで詰めるから、保護者の方はノータッチで。それより生活習慣等については気をつけてください」ってことだった。

「何か気になる事があれば私から直接連絡しますし、気になることがあれば電話で聞いてください」とのこと。

あと「理系に進むなら院まで行った方がいいよ」って話もしてくれた。その方が就職活動が楽ちんだし年収も高くなるから…と。「そのあたりのところはご家庭の方針もあると思いますが…」と言われたけれど「それについては全力でサポートしますので大丈夫です。本人のやりたいようにやらせたいと思っています」と私。

……ってな感じで1年生12月の三者懇談は終了した。

それはそれとしてアレですよ。いまだにピンとこないのは「京大目指しましょう」ってこと。まったく…まったくピンとこない。でもまぁ…とりあず先生を信じてやっていくしかない。無理なら無理でその時に変更すれば良いのだもの。

それにしても娘の担任の先生は娘のことをよく理解してくれていてありがたい。「まだ先の話ですが彼女の場合は部活を引退してからの方が心配なんですよね」と言っておられた。「3年生になったら休み時間はしっかり友達と喋ったり遊んだりしろよ」とも。

うちの娘…良い子ではあるものの、なんかこぅ…生き物としてポンコツなところがあって、お弁当袋は何個無くしたか数え切れないほどだし、調子に乗り過ぎて体調壊したりもするし、色々お手数をお掛けしますが、どうかよろしくお願いします…みたいな気持ちで一杯になってしまった。

娘の高校の先生が全員こんな感じなのかどうかは分からないけれど、頼もしい先生に担任してもらって本当にありがたい。高校1年生としての生活は残り3ヶ月。有意義に過ごして欲しいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高校生活
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で