読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

娘は暴飲暴食したいらしい。

中1の娘が突然「暴飲暴食したい」と言い出した。

娘は太っている訳ではないけど、年頃の女の子なので体型は気になるらしくダイエット…とはいかないまでも食べ過ぎには注意している。しかし娘は成長期。たまに暴飲暴食したところで、急に太るわけではない。

「たまには良いんじゃない?パーッと自分を甘やしちゃう日を作ってみれば?」と提案したが、予想外の答えが返って来た。

「そんなんじゃない。ギャル曽根みたいに食べたいの!」

娘の主張はこんな感じ。

私は食べるのが大好きなのに思っているより食べられない。食べ放題に行った時に、周囲から「ちょっと待って。まだ食べられるの?」とか言われるようなキャラになりたい。そして思う存分好きなものを食べてみたい。

……まぁ分かる。分かるけど絶対に無理だと思う。

残念ながら娘は私に似て身体が小さい。クラスでも前から数えて2番目…ってところ。体育会系なので決して少食ではないものの、同じ年頃の体育会系の友達と較べると、食べる量は少ないと思う。

我が家は私が沢山食べられる派ではないので「食べ放題」には行かないのだけど、娘が小学生の頃に娘と娘のお友達を連れてスイーツパラダイスに行ったことがある。

一緒に行った友達はクラスで1番背の高い女の子で、娘よりもずっとよく食べた。それこそ娘の言う「ちょっと待って。まだ食べられるの?」って感じだった。娘はそのときのことが忘れられないのだと思う。

今はコロナ禍で外食どころではないけれど、いずれは落ち着くだろうし、娘も女友達と一緒に美味しいものを食べに行くこともあると思う。だけどきっと食べ放題は苦手だろうし、セットメニューでも「ちょっと多いんだよなぁ」と思うことだってあると思う。

「ギャル曽根みたいに食べたいの」と言う娘の言葉、ちょっと笑ってしまったけれど、私もその気持は理解出来る。

それはそれとして。娘は「ギャル曽根みたいに食べたい」と思うほどに食べることが大好きなんだなぁ…と感心してしまった。人間は好きなことが多ければ多いほど楽しく生きられる。

そして私はそんな娘にこの動画を捧げたい。

世の中は美味しいもので満ちている。暴飲暴食は無理だとしても、美味しいものを探して楽しく生きていって欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました