Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"中島らも"

寝ずの番 中島らも 講談社文庫

この夏は何故だか私の中だけで中島らも祭りが開催されている。理由はよく分からない。 まぁ中島らもの作品は夏が似合うから仕方がない。『白いメリーさん』のようなホラーは夏に読むのが良いし、アル中・薬中系の話も夏が似合う。 寝ずの番 ...

今夜、すべてのバーで 中島らも 講談社文庫

暑くてダルくてたまらなくなると、中島らもが読みたくなる。 暑さと身体のダルさに負けてしまうような時は、中島らもでも読んでとことん駄目な感じを満喫した方がいいんじゃないかな……と言う発想。 中島らもの作品は人として駄目な感じがする...

その辺の問題 中島らも・いしいしんじ 角川文庫

わたしが愛する中島らもと、いしいしんじが仲良しだった……ってことは何か本で読んで知っていたけど、本当に仲良しだったんだなぁ……ってことを実感させられた1冊だった。中島らもは「私の知っている中島らも」以外の何物でも無かったけれど、いしいしんじ...

空のオルゴール 中島らも 新潮文庫

不条理なフランス映画を思わせるような作品だった。 ハリウッド映画のようだけれども、お気楽極楽に暮らす能天気な奇術師達の物語で、独特のノリなので中島らもが好きな人なら、それなりに楽しめると思うけれど、そうでなければキツイと思う。 空の...

お父さんのバックドロップ 中島らも 集英社文庫

久しぶりに「ツボ直撃」の1冊だった。 中島らもの書く男性って、どうしてあんなにも素敵なんだろう。愛おしくてたまらない。 大人だから「大人たらん」と頑張っていて、そのくせ大人なのにヤンチャな心を捨てきれない…不手際なお父さん達が、...

こどもの一生 中島らも 集英社

中島らもの書いた戯曲の中でも、とくに人気のあった作品の小説化である。 演劇好きの友人達が大絶賛している作品なのだけど、私は舞台を観る機会に恵まれず、とりあえず本に飛びついてしまったのだが、正直なところイマイチだった。 こどもの一生 ...

白いメリーさん 中島らも 講談社

中島らもが書いた『夢十夜』というノリの、ちょっと不思議な話を集めた短編集。 モダンな感じがとても良かった。作者に限ったことではないのだけれど、映像や舞台の仕事をしている人の書いた小説は場面の作りが洒落ているので、こういうタイプの小説は...

さかだち日記 中島らも 講談社

合法・非合法ドラッグとアルコールを断ちつつある時期の(完全に切れていないが)作者の日々が綴られている。 覚醒剤取締法違反で捕まる前に書かれた作品で、いちおう「改悛の日々」という感じか。また同じ道を辿るのだなぁ……などと思うと、ちょっぴ...

世界で一番美しい病気 中島らも 角川春樹事務所

またしても題名惚れして、買ってしまった。 題名惚れして手に取ると失敗する確立が高いのだけど、今回は大成功。とても面白かった。 ファンの欲目を抜きにしても、素晴らしい作品だと思う。「世界で一番美しい病気」だなんて、上手いこと言った...

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 中島らも 集英社文庫

中島らもは、けっこうご贔屓の作家さんだったりする。ゾッコン惚れこんで…というのではなく、ほどほどに好きというか。 野球で言うなら「手堅く送りバンドで塁に出て1点返してくれるバッター」って感じ。 文学ちっくな小説も、お笑い系のエッ...

アマニタ・パンセリナ 中島らも 集英社

中島らもが実際に体験したり、聞きかじったりしたドラッグについてのエッセイ集。 睡眠薬、シャブ、アヘン、幻覚サボテン、大麻LSD、咳止めシロップ………これでもか、これでもかというほどのドラックが連なっていて人間は、こうまでして快楽を求め...

らも 中島らもとの三十五年 中島美代子 集英社

『らも 中島らもとの三十五年 』作家、中島らもの奥さんが書いた奥さんの自伝とも、中島らもの伝記ともつかぬ作品だった。 プロの作家さんではないので文章の上手い下手を語ることは出来ないけれど、中島らもファンとしては面白い作品だった。 ら...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...
日記

関西テレビのお仕事体験とわかぎえふさん。

この日曜日は関西テレビの夏休み子どもイベント「テレビ局のお仕事を体験」に行ってきた。 娘が参加したのは「テレビ局の宣伝のお仕事」について。会議室でちょっとした講義を受けるのかな…くらいの軽いノリで参加したのだけど、関西テレビのイベント...
日記

頭の皮がカユいんだ。

中島らもの作品に『頭の中がカユいんだ』ってのがある。 ネットで感想を書きはじめるずっとまえに読んだので感想はアップしていないけれど、中島らもの作品の中でもかなり好きな作品だ。何より題名が素晴らしい。本屋で題名を見た瞬間「これは面白いに...

酔狂市街戦 戌井昭人 扶桑社

戌井昭人の本を読むのはこれで4冊目。なんだかんだ言って応援している。 「もう手放せません。最高です!」と言うほど好きな作品はないんだけど「なんかちょっと好き」って感じ。 物語云々より肌に合うと言うか、肩肘張らない感じが良いと言う...

踊り子と将棋指し 坂上琴 講談社

今年はまだ3ヶ月も経っていないけれど、今のところ今年読んだ中で1番面白かった! なんなの、この面白さ? 全く知らないノーチェックの作家さんだと思ったら、これがデビュー作だなんて。もっともデビュー作と言っても作者は54歳。作者は京大卒で...

乱暴と待機 本谷有希子 メディアファクトリー

芥川賞受賞記念って事でもう1冊読んでみた。 お兄ちゃんから復讐される事を待っている引きこもりの妹と、その妹に復讐する事を考えている、お兄ちゃんの物語。 ちなみにお兄ちゃんと妹は血の繋がった兄妹ではなく、家族ぐるみのお付き合いがあ...

ひつまぶし 野田秀樹 朝日新聞出版

『ひまつぶし』かと思って借りたら『ひつまぶし』だった。いかにも野田秀樹が付けそうな題名だ。 『AERA』に連載していたエッセイをまとめたエッセイ集。 そう言えばこのサイトには野田秀樹の作品は1つも並んでいないけれど、若い頃は野田...
日記

嶽本野ばらの思い出。

嶽本野ばらが危険ドラッグ所持で逮捕されたと知った。 このサイトにもいくつか感想を載せているけれど、私もかつて嶽本野ばらが好きだった時代がある。10年以上前の事になるけれどサイン会にも行っている。当時、私は精神的な部分で荒れていた。もう...

クワイエットルームにようこそ 松尾スズキ 文藝春秋

悪趣味な感じの悪趣味な読み物だと思う。 精神病院の閉鎖病棟に強制入院させられた女性の物語なのだけど、こういう類の物を読んで「面白い」って思ってしまう自分に、ちょっと凹んでしまった。 でも、おかげで楽しい時間を過ごさせてもらった。...
タイトルとURLをコピーしました