Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

世界で一番美しい病気 中島らも 角川春樹事務所

またしても題名惚れして、買ってしまった。

題名惚れして手に取ると失敗する確立が高いのだけど、今回は大成功。とても面白かった。

ファンの欲目を抜きにしても、素晴らしい作品だと思う。「世界で一番美しい病気」だなんて、上手いこと言ったもんだなぁ。座布団十枚。

スポンサーリンク

世界で一番美しい病気

ザックリとこんな内容
  • テーマはズバリ「恋」
  • 「恋におちるたびに、僕はいつもボロボロになってしまう」と語る中島らもの恋の話。
  • 「よこしまな初恋」「性の地動説」「私が一番モテた日」「やさしい男に気をつけろ」「サヨナラにサヨナラ」等、エッセイ、小説を集めた1冊。

感想

私は中島らものファンなので「何を読んでも面白い」と思ってしまうところが無きにしもあらず…なのだけど、それにつけてもこのエッセイ集は良かった。

恋について語ったエッセイと、恋について書かれた短編が少し。

作者のダメ人間っぷりが愛しくて素敵。ものすごくダメ人間なのに、変なところで真面目だったりして、そのバランスの悪さが素敵にワンダフル。

私は、けっこうダメ人間好きなのだが「ダメ人間」を好きになるポイントというのは、とても微妙。

同じダメ人間でも、攻撃的だったり、人を小馬鹿にしたような態度を取るダメ人間は嫌いなのだ。自分はダメだという卑屈さがちょっぴりあって、物悲しく、そして優しいダメ人間が好きみたい。

抱き合って一緒に堕ちていきたいとゆうか。太宰なんかも私の好きなダメ人間の1人。あ。これは芸術的な意味での趣味嗜好なので、実際に惚れるかどうかは別問題。

脳手術を受けて、恋ができないようになりたいだなんて言ってくれるよなぁ。

こういうセリフはなかなか言えない。男の色気にクラクラしてしまった。

らもさん早く娑婆に復帰して、もっと面白いものを書いて欲しいなぁ。

麻薬を肯定するつもりは無いけれど、犯罪者になっても、らもさんのことが好きだ。嫌いになんかなれない愛しきダメ人間らもさんの、お戻りを祈りつつ。

created by Rinker
¥626(2019/09/18 06:26:26時点 Amazon調べ-詳細)

中島らもの他の作品の感想も読んでみる

世界で一番美しい病気 中島らも 角川春樹事務所

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました