は行

蛭田亜紗子

エンディングドレス 蛭田亜紗子 ポプラ社

初挑戦の作家さん。図書館でジャケ借りした。エンディングドレスとは死に装束のこと。日本人に多い仏教徒だと経帷子が一般的だけど、最近は「終活」なんて物も流行っていて「棺桶に入る時は自分の好きな服を着たい」という人が増えているらしい。 本の...
羽田圭介

5時過ぎランチ 羽田圭介 実業之日本社

羽田圭介は『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞してから、なにげにテレビの人気者になっている気がする。「若い」って事もあるだろうけれど、ストイックな感じが見ていてちょっと面白い。同じ芥川賞作家の西村賢太とは対局にいる人だな…といつも思...
堀川アサコ

オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語 堀川アサコ KADOKAWA

青森のある田舎町を舞台にした連作短編集。東京オリンピックがあった時代…第2次世界大戦の影響が色濃く残りつつ、復興しつつある世界で逞しく過ごす庶民の暮らしが描かれていた。 来るべく東京オリンピックに合わせてぶつけてきた作品だと思うのだけ...
古内一絵

女王さまの夜食 マカン・マランふたたび 古内一絵 中央公論新社

前知識無し。図書館でジャケ借りしたのだけれど、どうやらシリーズ物らしい。「マカン・マランふたたび」と言う副題が付いているので続編であることは考えれば分かることなのだけど慌てていたので副題までは見ていなかった。恐らく1冊を読んだ方がより面白く...
藤野可織

ドレス 藤野可織 河出書房新社

初挑戦の作家さん。1冊くらい読んでいたような気になっていたのだけれど、意外にも1冊も読んでいなかった。8つの短編からなる短編集。好き嫌いがキッパリ分かれるタイプの作風だと思う。 『世にも奇妙な物語』的な…と言うか、どの物語にも不思議要...
ビートたけし

アナログ ビートたけし 新潮社

あまり日記の話題にしたことがないけれど、私は密かに北野武の作る映画が嫌いじゃない。北野武の映画は面白いのとそうでないのの落差が激しいので「最高です」とまでは言わないけれど、自分の感性にガッツリとハマる時がある。 特に『Doll...
畑野智美

消えない月 畑野智美 新潮社

初挑戦の作家さん。ジャンルはミステリ。ミステリは苦手なのだけど、この作品は殺人とか推理ではなく、ストーカーがテーマなので本格的なミステリが苦手な人でも楽しめると思う。被害者の視点と加害者の視点、両サイドからストーカーを浮き上がらせる手法で「...
平坂寛

喰ったらヤバいいきもの 平坂寛 主婦と生活社

このサイトでは本の感想と言っても小説以外の物をアップする事は滅多にない。特に決まりがあるわけでもないのだけれど、読んだ物の感想を全部書く時間はないし、読み物の中では小説が1番好きなので「じゃあ小説メインで」くらいの話なのだけど、今回はエッセ...
雛倉さりえ

ジゼルの叫び 雛倉さりえ 新潮社

「女による女のためのR-18文学賞」の最終候補になったデビュー作『ジェリー・フィッシュ』に続く2作目。前作は軽く物足りなかったものの、けっこう好みだったので手に取ってみた。前作から4年経っているとのこと。ちなみなデビュー作は作者が16歳の時...
春見朔子

そういう生き物 春見朔子 集英社

完全に表紙借り。表紙になっている土屋仁応の彫刻が好きなもので、ついフラフラと。この人の作品は本当に素敵。ちなみに表紙になっている作品は『青い人魚』と言うタイトルがついている。すばる文学賞受賞作。すばる文学賞らしい作品。 今回はネタバレ...
平田俊子

低反発枕草子 平田俊子 幻戯書房

初挑戦の作家さん。前知識ゼロの状態で手に取った。図書館の新刊コーナーに並んでいるのを見て、なんとなく表紙借り。日々の暮らしを描いたエッセイ集で静岡新聞に連載している物をまとめた物とのこと。 好き嫌いの別れる作品だと思うし、たぶん男性よ...
春口裕子

行方 春口裕子 双葉社

すっごく後味の悪い作品だった。この作品を読むまで知らなかったけれど、最近「イヤミス」と言う言葉があるらしい。後味が最悪で、読んだ後にイヤな気分になるミステリの事を指す言葉とのこと。有名どころだと湊かなえって感じだろうか。初挑戦の作家さんんの...
原田マハ

デトロイト美術館の奇跡 原田マハ 新潮社

作者は「美術館小説」と言うジャンルを確立したのではなかろうか? 作者は美術や美術館をテーマにした作品が多いのだけど、今回は題名からも分かるように安定の美術館ネタ。今回はデトロイトで起こった実際の出来事が下敷きになっている。デトロイト市が財政...
蓮實重彦

伯爵夫人 蓮實重彦 新潮社

三島由紀夫賞受賞作。受賞会見が話題になり「なんか面白そうかも」と思って読んでみた。題名からして私好み。豪華絢爛でエロティックな物語なのだろうと期待していたのだけど、激しくコレジャナイだった。 良い作品だとか、悪い作品だとか言う以前に、...
はあちゅう

とにかくウツなOLの人生を変える1ヶ月 はあちゅう 角川書店

若い女性の間で評判になっているようなので、昔若い女性だった私も読んでみることにした。「とにかくウツなOL」と言う設定が良い。私もOLだった頃はそうだったから。作者についてはこの本を読むまで全く知らなかったけれど、カリスマブロガーとのこと。意...
原田マハ

暗幕のゲルニカ 原田マハ 新潮社

絵画をテーマにした絵画ミステリって、すっかり作者の十八番になってしまった気がする。今まで作者の来歴なんて気にした事がなかったのだけど、小説家として活躍されるまでは美術館で働いていたとのこと。美術館のキュレーターの仕事について詳細に書けるのは...
百田尚樹

カエルの楽園 百田尚樹 新潮社

これ、凄く面白かった! 百田尚樹と言えば私の中で正統派ではなく「お騒がせ作家」と言うイメージ。ちょっと右寄りの活動をしてみたり、やしきたかじんの本(私は読んでいないし興味もないのでなんとも言えないけど)で、騒がれたり。今回はカエルに託した風...
藤野千夜

すしそばてんぷら 藤野千夜 角川春樹事務所

作者の作品を読むのは2冊目。芥川賞作家との事だけど、前回読んだ『D菩薩峠漫研夏合宿』があまりにもラノベっぽくて「この作家さんって、毎度こんな感じなの? それとも、これは作者にとって異色な感じなの?」と気になったので最新作を読んでみた。 ...
長谷川康夫

つかこうへい正伝 長谷川康夫 新潮社

恥ずかしながら私がこの本を読んで1番驚いたことは「つかこうへいって、死んじゃってたの?」って事。きっとニュースなんかで見聞きしていたと思うけれど、右から左へ流してしまったのだと思う。これは私だけかも知れないけれど、強烈な作品を残した作家さん...
姫野カオルコ

謎の毒親 姫野カオルコ 新潮社

姫野カオルコは20代の頃からずっと追っている作家さん。途中「もうマンネリで面白くない」とか「姫野カオルコは卒業する」と言いながら、それでもずっと追っている。もはや腐れ縁の域に達していて、姫野カオルコとは「切って切れない間柄」って気がする。姫...