Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"窪美澄"

じっと手を見る 窪美澄 幻冬舎

この作品。恋愛小説と言う触れ込みになっているけれど、恋愛小説と言い切ってしまうには微妙かも知れない。これは恋愛小説として駄目だと言う意味ではなくて、恋愛小説の枠だけには納まり切れない作品だと言う意味で。私、窪美澄の作品が好きみたいだ。『さよ...

やめるときもすこやかなるときも 窪美澄 小学館

作者の作品を読むのはこれで5冊目。『晴天の迷いクジラ』からスタートして、なんだかんだ読んできたけれど、今回の作品を読んでふと「この作家さんは直木賞取るかもなぁ」なんて事をふと思った。だけど「この人の作品はもういいかな」とも思った。上手いと思...

すみなれたからだで 窪美澄 河出書房新社

大人向けの短編集でビックリしてしまった。この作家さんって厨二病全開の作風の人だと思っていたので「大人向けの普通の小説も書ける人なんだ!」と。『さよなら、ニルヴァーナ』で幻滅して『アカガミ』で「ちょっと悪くないかも」と思った。そして今回は「い...

アカガミ 窪美澄 河出書房新社

近未来の日本が舞台のSF小説。 若者が恋愛や結婚をしなくなり、将来を悲観して自殺する若者が急増している…と言う設定の近未来日本が舞台。日本政府は少子化対策としてお見合いシステム「アカガミ」を作る。主人公はアカガミに志願した若い女性。近...

さよなら、ニルヴァーナ 窪美澄 文藝春秋

作者の作品を読むのはこれで2冊目。 前回読んだ『晴天の迷いクジラ』がけっこう良かったので図書館の新刊コーナーにあったのを手に取った。題名からして、悩める若者の青春物語かと予想していたのだけど、とんでもない内容で「読まなきゃ良かった」と...

晴天の迷いクジラ 窪美澄 新潮社

死にたくなっちゃった3人が、とある入江に迷い込んで立ち往生しているクジラを観に行って立ち直る物語。なんとなく題名からもハートフル系な物語が想像出来るのだけど題名通りの作品だった。文章は読みやすいし物語の作りも悪くない。完全に映像向け。映像化...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...
本の話

2018年読書総括。

毎年、恒例行事と言うことで今年1年間を振り返ってみての読書総括など。 今年は現在までに読んだ本は65冊。 昨年は64冊読んでいるので、ほぼ例年通りのペース。たぶん、もうこれ以上沢山読むのは無理だと思う。1年間に100冊ほど読んで...
本の話

2016年の読書総括。

随分と気が早いけれど今年1年間を振り返ってみての読書総括など。今年は現在までに読んだ本(感想は追いついていません)は72冊。昨年は71冊読んでいるので、ペースとしては昨年と同じ。 今年読んだ本の題名は下記の通り。 『ドール』『菩...

今日からは、愛のひと 朱川湊 光文社

私はなんだかんだ言って作者の作風が気に入っている。「人間っていいな」と思えるような作品が多くて、人の善意とか愛とかを信じさせてくれる夢見がちな作品が多い。いささかヲタクっぽいと言うか、ラノベ的展開が多いの事は分かっていても「細けぇこたぁ、い...