Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"真梨幸子"

ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係  真梨幸子 KADOKAWA

なんだかんだ言いつつ真梨幸子の書くイヤミス(嫌な気分になるミステリー)は新作を楽しみにしている。 キッカケは『更年期少女』。ヲタクの描写が気持ち悪くて、嫌な感じが半端ないのに面白くてたまらなかった。 今回の作品は題名から長編小説...

ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 万両百貨店外商部奇譚 真梨幸子 幻冬舎

私。作者の書くイヤミス(読んで嫌な気持ちになるミステリー)が大好きだ。イヤミスなんて読んでもまったく為にならないし、場合によっては楽しいよりも本気で嫌な気分になるだけなのにそれでも読まずにはいられない。怖いもの見たさと言うのだろうか。作風を...

祝言島 真梨幸子 小学館

作者は最近「イヤミスの女王」と呼ばれているらしい。 イヤミスとは読後、嫌な気分になるミステリーのこと。 『更年期少女』を読んでから、新刊が目につくたびに追っているけれど、着々と作風を固めてきているな…と言う印象。私は謎解き系のミ...

カウントダウン 真梨幸子 宝島社

面白かった! この人の書く小説は娯楽性が高くて素晴らしい。「これぞ小説を読む楽しみ」と言うか。名作かと聞かれたらそうではない気がするし、何度も読み返したいような作品でもないし、心にズシンと響くようなものもないけれど、ワクワクした気持ちでペー...

私が失敗した理由は 真梨幸子 講談社

面白かった。物語がドンドン進んでいって、イッキ読みしてしまった。素晴らしい娯楽小説だと思う。スプラッタ描写はないけれど、人がバンバン死んでいくので「娯楽小説」と言うのはどうかと思うけれど「読んでいて先がきになる」という意味では最高だった。ミ...

お引っ越し 真梨幸子 角川書店

「引越し」がテーマの連作短篇集。それぞれ独立した話だった。ただ、どの物語にも「アオシマ」と言う苗字の男が登場する。今回は推理とかサスペンス言うよりもホラー寄りな感じ。『世にも奇妙な物語』とか、星新一の嫌な感じのショートショートとか、筒井康隆...

5人のジュンコ 真梨幸子 徳間書店

題名が示す通り「ジュンコ」が5人登場する作品である。 メイン主人公の佐竹純子は醜女なのに男を手玉に取る悪女。他のジュンコ達は連続不審死事件に関わっているという設定。佐竹純子を中心のパーツとして、他のジュンコのパーツを組み合わせて1つの...

鸚鵡楼の惨劇 真梨幸子 小学館

相変わらずのぶっ飛び設定だった。今回のテーマは「変態・アブノーマル」だと思う。作者の作品は変態臭がして、ファンにとってはそこが魅力なのだけど、今回の作品はそれを全面に出してきた。 1962年、新宿の花街にあった『鸚鵡楼』という洋館で起...

殺人鬼フジコの衝動 真梨幸子 徳間書店

どうやら私は作者の作品と相性が良いみたいだ。ミステリー系の小説はとんと苦手なのだけど、作者の作品ならサクサク読める。もっとも、この作品をミステリーと位置づけて良いのかどうかは私にはイマイチ分からないのだけれど。 題名から想像出来るよう...

更年期少女 真梨幸子 幻冬舎

ものすごくインパクトのある表紙の本だった。小説や少女漫画の表紙と言うよりも、むしろ子供の頃、夢中になった「お姫様ぬりえ」のようなイラストがバーンと描かれていて、図書館の新刊コーナーで見た瞬間「ジャケ買い」ならぬ「ジャケ借り」をてしまった。ち...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます。 あ行 あ行の作家一覧 あ ...
本の話

2018年読書総括。

毎年、恒例行事と言うことで今年1年間を振り返ってみての読書総括など。 今年は現在までに読んだ本は65冊。 昨年は64冊読んでいるので、ほぼ例年通りのペース。たぶん、もうこれ以上沢山読むのは無理だと思う。1年間に100冊ほど読んで...
本の話

2013年の読書総括

今年1年間に読書録に感想を書いた本は50冊。昨年より沢山の本を読む事が出来たのだけど読書の質は昨年以下かも知れない。改めて題名を見返しても「これって、どんな話だったっけか?」と頭を抱える作品がいくつかあったりする。以下は今年読んだ本の題名。...