読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

"浅田次郎"

おもかげ 浅田次郎 毎日新聞社

浅田次郎の作品を作品を読むのはもしかしたら10年ぶりくらいかも知れない。 浅田次郎と言えば『鉄道員』が出世作ってイ...

プリズンホテル 浅田次郎 集英社文庫

浅田次郎と言えば高倉健が主演して話題をさらった『鉄道員』の原作者で「泣かせる」ことにかけては職人かと思われる作家さんであ...

姫椿 浅田次郎 文藝春秋

今さらだけど浅田次郎。私はあなたのことが好き。 「アザトイ人」だとか「人を泣かすことばかり考えて計算づくで書いてる...

シェエラザード 浅田次郎 講談社

何年かぶりで「次郎マジック」にハマってしまった。 面白し過ぎて、のめり込み過ぎて、2屋連続で「弥勒丸」を救おうと奔...

沙高樓綺譚 浅田次郎 徳間書店

あえてジャンル訳するなら幻想小説になるのだろうか。 「沙髙樓」と名づけられた秘密の集会で、参加者達が「自分のなかだ...

壬生義士伝 浅田次郎 文春文庫

『壬生義士伝』悪くは無かった。だが、しかしイマイチだった。 個人的に新撰組好きなので、甘めの評価をつけてあげたいと...

椿山課長の七日間 浅田次郎 朝日文庫

う~ん。上手い。今の日本でコメディタッチで最後に泣かせる話を書かせたら、浅田次郎の右に出る人はいないんじゃなかろうか。 ...

天切り松 闇がたり 第四巻 昭和侠盗伝 浅田次郎 集英社文庫

毎度手堅く面白い。安心して読むことが出来ると言うか。 今回の作品では時代が大正から昭和に変わっていて、戦争の話など...

天切り松 闇がたり 第三巻 初湯千両 浅田次郎 集英社文庫

『天切り松 闇がたり』シリーズ3冊目。ちょっとネタが苦しくなってきたのかも。 面白い話と、そうでない話の差が大きい...

天切り松 闇がたり 第二巻 残侠 浅田次郎 集英社文庫

次郎に恋を書かせたら、どうしてこんなにベタベタになってしまうのだろう。 なんと言うかか。古き良き日本人の恋……って...

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 浅田次郎 集英社文庫

「待ってたよ、次郎! 私はこういうのを読みたかったのだ!」思わず叫んでしまった1冊だった。 やはり浅田次郎は、この...

輪違屋糸里 浅田次郎 文春文庫

感想を書いて欲しいとのリクエストを戴いたので読んでみた。 幕末を舞台にして時代小説で新選組の芹沢鴨暗殺事件がテーマ...
本の話

2019年読書総括。

少し気が早いのだけど毎年の恒例行事と言うことで今年1年間を振り返ってみて、読書総括など。 今年は現在までに読んだ本...
本の話

作家のデビュー年齢とその後の活躍。あの作家はいまどこに?

先日、夫に『12歳の文学賞』を受賞した鈴木るりかが書いた『さよなら、田中さん』がいかに素晴らしいかを力説していたら、夫か...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます ...

ニューカルマ 新庄耕 集英社

作者の作品を読むのはこれで2冊目。 初めて読んだ『狭小邸宅』は「上手いなぁ」と思ったものの、そこまで面白いとは思え...

老後の資金がありません 垣谷美雨 中央公論新社

垣谷美雨、初挑戦。直球過ぎる題名に惹かれて手に取ったのだけど文句なしに面白かった。 今まで、垣谷美雨の作品を読んだ...

ホテルモーリスの危険なおもてなし 森晶麿 講談社

かつては名ホテルとして名を馳せたのに、廃業寸前まで落ちぶれたホテル・モーリスが舞台の劇場型ミステリー。 一応、ミス...

愛国少年漂流記 宮脇修 集英社

なんとなく面白そうな予感がして手に取ったのだが、激しくイマイチだった。 浅田次郎『シェヘラザード』や、吉村昭『大黒...

ししゃも 仙川環 祥伝社

リストラで故郷の北海道へ帰郷したOLが「ししゃも」で町おこしをする物語。 軽くミステリー要素が入っているけれど、ジ...

哀愁的東京 重松清 角川文庫

重松清、なんだか今までと作風が違っていて、ちょっと吃驚した。 浅田次郎ちっくと言うか。胡散臭さのベクトルが変わっち...
タイトルとURLをコピーしました