Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 浅田次郎 集英社文庫

「待ってたよ、次郎! 私はこういうのを読みたかったのだ!」思わず叫んでしまった1冊だった。

やはり浅田次郎は、このテのエンターテイメントに限る。天下一品と言っても過言ではいなだろう。ブラボー次郎! やはり私は次郎が好きだ。

スポンサーリンク

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道

ざっくりとした内容
  • 物語の舞台は大正時代。
  • 主人公は帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家。
  • 「目細の安吉」一家は天下のお宝だけを狙い、貧しい人々には救いの手をさしのべる。
  • テーマは義理と人情。

感想

ハッキリ言って、突っ込みどころが無い訳じゃない。

軽く破綻していたり、ちょっぴり変なところも多い。が、次郎のこのテのシリーズを楽しもうとするならば、突っ込んではいけないお約束なのだ。

そこそこに馬鹿になって読むのが良いと思われる。ラストの分かりきった時代劇を楽しむがごとく、読むのが良い。久しぶりに「で。続きはどうなるの?」と血沸き肉踊る読書をさせてもらった。

大正浪漫華やかなりし頃の東京舞台。そして義賊が主人公となれば、そりゃあもう…トキメキを感じないでいるのは無理というもの。

しかも主人公は少年。山本有三『路傍の石』の不良バージョンと言ったノリ。粋でイナセな大人達が格好よくて、貪り読んでしまった。

男の格好よさもさることながら、私自身が女性ということもあり、振袖おこんの話と、白縫花魁の話がツボだった。「こんな女は、いないってば」と突っ込みを入れつつ、それでもハマってしまったと言うか。一途な女は可愛いよなぁ。うむ。

ブックオフの100円コーナーでゲットしたのだが、続きが読みたくてたまらずに、文庫で出ている新刊を一気に購入してしまった。恐るべし次郎。そんなこんなで、感想は二巻、三巻へと続くのである。

浅田次郎の他の作品の感想も読んでみる

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 集英社文庫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました