Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"河野多惠子"

考えられないこと 河野多惠子 新潮社

河野多惠子の遺作集。図書館で借りて読んだのだけど、これは買っておくべきだと思った。短篇小説、エッセイ、日記、詩と雑多に入っていて「本当にこれが最後なのだなぁ」と寂しくなってしまった。薄い単行本なのでか鞄に入れて持ち歩くのも可能。本にかけられ...

逆事 河野多惠子 新潮社

私は河野多惠子を知ってからと言うもの、ずっと好きでいるのだけれど、いま敢えて言いたいことがある。「河野多惠子の作品って、実はけっこう面白くないよね」と。刺激的に読ませる物語もあるのだけれど、短編になると吉村昭級に地味だと思う。しかも、読者に...

臍の緒は妙薬 河野多惠子 新潮文庫

表題作を含む7編からなる短編集。作者はもう80代後半のはずなのだけど、創作に対する貪欲さに感心させられた。短編集と言っても、1つ1つの作品自体が短めで、文庫本にするとペラペラなのだけど、じっくりと読む価値のある1冊だと思う。 それぞれ...

思いがけないこと 河野多惠子 新潮社

非常にローテンションなエッセイ集だった。作者自身の日常生活や、好きな作家(谷崎・三島・菊池)についての自論など。何故だかしら、作者とは仲間意識のようなものを感じてしまう。このエッセイ集にいたっては、今年度の「マイ・ベストエッセイ」になるんじ...

秘事 河野多惠子 新潮社

ちょっとだけ「ネタバレ」あり。未読で「ネタバレ」が嫌な方はご遠慮ください。 地味な…ひたすら地味な文章でもって語られた「ある夫婦」の物語だった。一部の読書好きの間では、かなり評価が高かったらしい。とりわけ、少し高めの世代での支持があっ...

半所有者 河野多惠子 新潮社

短編小説1篇だけを1冊の本とし作られた贅沢な一冊である。長年連れ添った1組の夫婦の物語……もとい妻に先立たれた男の物語である。物語の筋をズバリ言ってしまうならば夫が妻にたいして屍姦をするだけの物語である。「屍姦」という言葉を辞書で調べてみる...

小説の秘密をめぐる十二章 河野多惠子 文藝春秋

マイブーム女性作家である河野多惠子の作品で、しかも題名に「小説の秘密をめぐる」だなんて悩ましい言葉が入っているとなるとそりゃぁ、もう、読まずにはいられないと手にとって作品である。実際は「小説の秘密」というよりも、むしろ「小説の書き方」的な作...

影を歩く 小池昌代 方丈社

相変わらず切れっ切れの面白さだった。 以前『裁縫師』と言う作品を読んた時に「最盛期の小川洋子と河野多惠子を足して2で割ったような作風」と書いたけれど、まさにそれ。小川洋子とか河野多恵子の好きな人なら高確率で刺さると思う。 小池昌...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

エリザベスの友達 村田喜代子 新潮社

私はここ数年、村田喜代子を推しているのだけど、今回の作品は正直言ってよく分からなかった。 名作だと思うし、力作だとも思う。だけど感覚的なところでついていけなかったのだ。村田喜代子はどんどん進化していて、在りし日の河野多惠子を思わせる。...
本の話

書評ブログってなんぞや?みなさん本の内容を理解出来てるの?

私は本が大好きで毎日飽きもせず本を読んでいる。 インターネットで遊ぶようになって、一般の読者が自分の自分の読んだ本の感想をインターネット上で発表しているのを知って「私もやってみよう!」と思い立った訳だけど、私の書く物は書評ではなく本の...

求愛 瀬戸内寂聴 集英社

お久しぶりの瀬戸内寂聴。御年94歳とのこと。書店で大々的に宣伝されているし、94歳になってもいまなお現役で書かれている事に敬意を表して手にとってみた。瀬戸内寂聴はって正直言うと「お騒がせ婆さん」ってイメージがある。好きな作品もあるけれど、お...

腦病院へまゐります。 若合春侑 文藝春秋

ものすごく油ギッシュな作品だった。自己主張が激しいと言うべきか。作者のデビュー作と言うことだけど、なるほど「私はこんなに書けるんです」という叫びが迸っているような印象を受けた。ぶっちゃけた話、けっこうクドイ。これがベテラン作家さんが書いた文...

変態 藤本ひとみ 文藝春秋

前回読んだ『侯爵サド』が面白かったので、続けてチャレンジしてみたが、これはどうにも私のツボには入らなかった。一応現代設定で主人公既婚の中年女性。フランス語の翻訳家でブルジョア系。母親の支配から抜け出せずに、ちょっぴり心が歪んでいて、性の喜び...

メタモルフォシス 羽田圭介 新潮社

芥川賞の候補となった表題作と他1編。ちどちらも「SM」と言う特殊なテーマを扱った作品だった。「SM」とか、倒錯した世界に興味の無い人は読まなくても良い作品だと思う。私はむしろ「どんと来い!」なので、それなりに面白かった。 初めて読む作...

蕁麻の家 萩原葉子 新潮文庫

詩人、荻原朔太郎の長女である作者の自伝的小説。三部作になっていて、私は完結編とも言える『輪廻の暦』から入り、それが非常に良かったので楽しみにして読んだ訳だが、いまひとつ面白いとは思えなかった。陰気でやりきれないと言うか。こういう言い方をする...

マークスの山 高村薫 早川書房

人間には、どうしても得手、不得手というものがあるらしい。「脱・ミステリ音痴」を謀る、チャレンジしてみたのだが、読み終えるのに、かなり手こずってしまった。「考える小説」となると、とたんに読むペースが落ちてしまうから不思議だ。日頃、読みつけない...

裁縫師 小池昌代 角川書店

エロティックな香りの漂う不思議な話を集めた短編集。 最盛期の小川洋子と河野多惠子を足して2で割ったような作風。小川洋子では物足りず、河野多惠子ではグロ過ぎる…その良い感じのラインを走っていて、個人的には大満足。 女性ならではの感...

リセット・ボタン 伊藤たかみ 幻冬舎文庫

主人公であるニートの男性と自殺志願者が集まるHPで出会った少女との恋愛小説。作者が芥川賞を取る以前に書いた作品で、読書好きの人の間では、けっこう話題になっていた記憶がある。ブックオフで100円だったので手に取ってみた次第。 なんだかな...

死にたくなったら電話して 李龍徳 河出書房新社

『死にたくなったら電話して』は第51回文藝賞受賞。ツイッター界隈で絶賛されていたので、ちょっと気になり手に取ってみた。 本の帯には『現代の心中物』なんて書いてあったので、ワクワクしながら読んだのだけど、肩透かし感半端無かった。 死に...