Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

逆事 河野多惠子 新潮社

私は河野多惠子を知ってからと言うもの、ずっと好きでいるのだけれど、いま敢えて言いたいことがある。

「河野多惠子の作品って、実はけっこう面白くないよね」と。

刺激的に読ませる物語もあるのだけれど、短編になると吉村昭級に地味だと思う。しかも、読者に努力を強いる。いったい、どこに魅力があるのか?

実は面白くない作品だったら読まなければいいのに、どうして読まずにはいられないのか?

スポンサーリンク

逆事

created by Rinker
¥1,620(2019/09/17 01:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

NY暮らしのなか、ふいに甦る亡き異母妹の言葉と、濃やかに気遣ってくれた継母のこと―。(「いのち贈られ」)。

マンションという日常空間に潜む闇。(「その部屋」)。

語られぬまま過ぎてゆく夫婦の時間。(「異国にて」「緋」)。

先に逝った人々の面影を辿り、生と死の綾なす人間模様を浮き彫りにする表題作。(「逆事」)。

人の世のミステリー。魅惑の河野ワールド。

アマゾンより引用

感想

河野多惠子の作品には中毒性があると思う。

例えるなら、アルコールを飲んでいる時、それほど美味しいと思っているわけではないのに「そこにあるから」って言う理由だけで柿の種やスルメをつまんでしまって、1度つまんだが最後、無くなるまで食べ続けてしまうあの中毒性と似ていると思う。

今回の短篇集も「実はけっこう面白くない」タイプの作品ばかりだった。

テーマもなんだかどうでもいいような話ばかり。人の死に潮の満ち引きが関係しているとか、どうとか。マンションの住人が飛び降りる話とか。

人によっては「そんなこと、どうでもいい」とか言いようがない話のオンパレード。

だが、そこがいい。

そのコダワリがピタッっと合致すれば、これ以上ない面白さだと思う。文章の世界に酔わせてくれて、一瞬トリップさせてくれる作品ばかり。

ただ、残念なことに河野多惠子がぶつけてくるテーマは決して趣味が良いとは言えないものばかりなので、人にはなかなか勧めにくい。

私はこのサイトをはじめたおかげで、未知の方からメールを戴く事があるのだけれど「河野多惠子のファンです」と言う方は一人もいなかったし、私の身近にも河野多惠子ファンを名乗る人はいない。

本が売れているってことは、間違いなく一定層のファンがいると思うのだけど、彼らはいったいどこにいるのだろう? ひっそりと河野多惠子の世界を楽しんでいるのだろうか。

ひっそりと一人楽しむのに相応しい読み甲斐のある1冊だった。

河野多惠子の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました