Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"嶽本野ばら"

日記

嶽本野ばらの思い出。

嶽本野ばらが危険ドラッグ所持で逮捕されたと知った。 このサイトにもいくつか感想を載せているけれど、私もかつて嶽本野ばらが好きだった時代がある。10年以上前の事になるけれどサイン会にも行っている。当時、私は精神的な部分で荒れていた。もう...

下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 嶽本野ばら 小学館

なかなか面白かった。作者の「関西人スピリット」を感じずにはいられない。きっと、作者は土曜日の午後、吉本新喜劇を観ながらお昼ご飯を食べた小学生だったのだろう。そうでなければ、こんなハチャメチャな物語を漫画ではなく小説で書こうとは思い難い。ギャ...

それいぬ 正しい乙女になるために 嶽本野ばら 文春文庫PLUS

久しぶりに再読してみた……と言うよりも購入してみた。たぶん3冊目の購入。うち2冊は人にあげたり貸したりして、自分の手元から無くなってしまったのだ。 ブックオフに行ったらば、100円棚に鎮座していたので「ああ。そういや今は手元になかったな」と...

ミシン2/カサコ 嶽本野ばら 小学館

『下妻物語』が映画化されて、すっかり人気者になった嶽本野ばら(私は親しみを込めて「のばやん」と読んでいる)の最新作。ファンの間では「1番好きだ」と絶賛されることの多い『ミシン』に「2」をかぶせるという姑息な手段を知ったときに「これは面白くな...

カルプス・アルピス 嶽本野ばら 小学館

ここ何冊か「ちょっとなぁ」という作品が続いていたので、軽快して買わずに図書館で借りてしまったのだけれど、この本なら買っておけば良かった……と思った。『世界の終わりという名の雑貨店』『エミリー』の系譜に入るであろう恋愛小説である。私は「こうい...

デウスの棄て児 嶽本野ばら 小学館

初めて参加したサイン会で購入したハードカバー本である。サイン会の感動は日記に書いたので、気になる方はコチラまで。サイン会に行くぐらいだから、そこそこ好きな作家さんではあるのだけれど今回の作品はダメだった。読書録には書けていないものの、なんだ...

下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん 嶽本野ばら 小学館

こんなに下衆で面白い作品が書ける作家さんだとは思っていなかったので、ある意味において衝撃的だった。私は、こういう馬鹿馬鹿しい作品は大好きなのだが、この作品は作者のファンを減らしてしまったのでしないかと思われる。初期の「上品乙女」な作品を支持...

鱗姫 嶽本野ばら 小学館

嶽本野ばらの作品は『カフェー小品集』を読んで、あまりの「乙女光線」にクラクラしたので、もう彼の作品を読むことはないだろうと思っていたのに某所で「他の作品も読んでみます」と宣言しちまったので、なんとなく読むことになってしまった。日記に感想を書...

エミリー 嶽本野ばら 集英社

「嶽本野ばら作品って、ちょっと苦手かも」と言いつつ、今回もまた読んでしまった。耽美な雰囲気は好きなのに、どこか越えられない一線があったのだが、この作品には、すんなり溶け込むことが出来た。 3篇の小説が収録されていて、そのうちの1つは嫌...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...
本の話

2018年読書総括。

毎年、恒例行事と言うことで今年1年間を振り返ってみての読書総括など。 今年は現在までに読んだ本は65冊。 昨年は64冊読んでいるので、ほぼ例年通りのペース。たぶん、もうこれ以上沢山読むのは無理だと思う。1年間に100冊ほど読んで...

エンディングドレス 蛭田亜紗子 ポプラ社

初挑戦の作家さん。図書館でジャケ借りした。エンディングドレスとは死に装束のこと。日本人に多い仏教徒だと経帷子が一般的だけど、最近は「終活」なんて物も流行っていて「棺桶に入る時は自分の好きな服を着たい」という人が増えているらしい。 本の...

クローゼット 千早茜 新潮社

初挑戦の作家さん。題名からして「ゆるふわな感じの女性向け作品なんだろうなぁ」と期待せずに読みはじめたのだけど、予想外に良かった。脂が乗っている時の嶽本野ばらとキレッキレだった頃の小川洋子の良いところを足して2で割ったような作品だった。心の中...

屋根裏のニ処女 吉屋信子 国書刊行会

作者の初期作品というだけあって、なんだかなぁ……という作品だった。少女小説的な文章のノリについていければ、そこそこ読めるかも。私は半分ほど読むまで、けっこう辛かった。ドラマチック具合でいうと、前回読んだ『暁の聖歌』の方が上。しかし作者の思い...

姫百合たちの放課後 森奈津子 フィールドワイ

東京の友人が「君ならきっと気に入るはずだ」と、わざわざ送りつけてくれた1冊である。レズビアンを主人公にした、エロ・SM・コメディ小説といったところだろうか。かなり下世話な作品なので「好きだ」という人よりも、そうでない人の方が多いんじゃないか...

指輪をはめたい 伊藤たかみ 文藝春秋

これもまた題名に惹かれて手に取った1冊。あざとい題名なので、どうかと思ったけれどこれがなかなか面白かった。ズシリとくる作品ではないけれど、通勤電車で読むには、うってつけだと思う。 「30歳までに結婚する」と決断していた男性が、プロポー...
本の話

ボーイズ・ラブと百合小説

最近(2004年2月現在)書店のジュニア小説コーナーで『マリア様がみてる』という百合小説が平積みされていたり『百合姉妹』という百合専門誌が創刊されたりして「百合」と呼ばれるジャンルが勢力を伸ばしつつある。 実際に自分自身で目を通してみ...