Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"松浦理英子"

最愛の子ども 松浦理英子 文藝春秋

久しぶりの松浦理英子。ガツガツと作品を発表する作家さんではないだけに、新作で出ると「あっ! 新作出てたんだ」と嬉しくなってしまう。今回も期待以上の面白さだった。松浦理英子らしさが全面に出ていて相変わらずキレキレではないか。作者は御年58歳と...

ナチュラルウーマン 松浦理英子 河出文庫

感想を書いて欲しいとのリクエストを戴いたので数年ぶりに再読してみた。私にとって松浦理英子という作家を知った記念すべき作品。初読の時は脳天をかち割られたような衝撃を受けた。そして、今は頬を引っぱたかれたような感じ。力のある作品は時を経ても色褪...

奇貨 松浦理英子 新潮社

『友愛小説』と言う事らしい。女性と恋する事が出来ず、男友達もおらず、自分と自分の性を持て余している私小説家の主人公とレズビアンの女性との同居生活を描いた物語。いかにも松浦理英子が好みそうな話だなぁ…という印象で読み始めたのだけど、意外にも今...

犬身 松浦理英子 朝日新聞社

ものすごく久しぶりに松浦理英子の作品を読んだ。もっとも、好きな作品はたまに再読しているので「新作を」ってことなのだけど。心穏やかに読むことの出来ない作品だった。 なんと言うか……。とても感想が書き辛い。松浦理英子を読むと、ものすごくハ...

裏ヴァージョン 松浦理英子 筑摩書房

作者の作品を読むのは何年ぶりだろう。はじめて『ナチュラルウーマン』を読んで衝撃を受けて以来、すっかりお気に入りの作家さんなのに、この作品は何故だかしら読み残していたのだ。ある方に「お読みになられましたか?」と尋ねられ、未読だったことに気づい...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

当サイトについて

管理人プロフィール はじめまして。 当サイトの管理人、白蓮と申します。 白蓮と言う名前は「白い蓮」を意味する白蓮ではなく、私が愛する白い木蓮を短縮して作ったものです。 「ゆら」とか「ゆらら」と名乗ることもあります...

ジゼルの叫び 雛倉さりえ 新潮社

「女による女のためのR-18文学賞」の最終候補になったデビュー作『ジェリー・フィッシュ』に続く2作目。前作は軽く物足りなかったものの、けっこう好みだったので手に取ってみた。前作から4年経っているとのこと。ちなみなデビュー作は作者が16歳の時...

そういう生き物 春見朔子 集英社

完全に表紙借り。表紙になっている土屋仁応の彫刻が好きなもので、ついフラフラと。この人の作品は本当に素敵。ちなみに表紙になっている作品は『青い人魚』と言うタイトルがついている。すばる文学賞受賞作。すばる文学賞らしい作品。 今回はネタバレ...

ハコブネ 村田沙耶香 集英社

自分の性に違和感を覚えている3人の女性達が主人公の物語。セクシャリティ小説とでも言えば良いのかな。非常に松浦理英子的。同性愛をテーマとした小説ではなくて、あくまでも「セクシャリティ」がテーマ。なのでエロティックな雰囲気は皆無。 この作...

雨の塔 宮木あやこ 集英社

この小説って分類するなら、どのジャンルに入るのだろう? ラノイトノベル? それとも百合小説? 前回読んだ『花酔道中』とまったく雰囲気が違っていたので面食らってしまった。雰囲気小説として読むなら、まずまずかなぁ……とは思う。 社会とは隔...

ジェリー・フィッシュ 雛倉さりえ 新潮社

所帯持ちになってから、本は1度図書館で読んでからしか買わないようにしているのだけど、この作品は試し読みをせずに購入した。巷の噂をチラホラ聞いていいるうちに「これは買いだ。たぶん好みの本だ」と直感が働いてしまったのだ。そして、直感に間違いは無...

女の庭 鹿島田真希 河出書房新社

なんだかなぁ。ものすごく面白くなかった。ここまで退屈な本を読んだのは久しぶり。『ピカルディーの三度』を読んで「これから猛プッシュしていこう」と期待していた矢先のことだったので、ガッカリ感は半端無い。 表題作と他一遍。表題作はマンション...
本の話

2013年の読書総括

今年1年間に読書録に感想を書いた本は50冊。昨年より沢山の本を読む事が出来たのだけど読書の質は昨年以下かも知れない。改めて題名を見返しても「これって、どんな話だったっけか?」と頭を抱える作品がいくつかあったりする。以下は今年読んだ本の題名。...
本の話

2010年の読書総括

ここ数年、読書量が激減しているのだけど、今年もまた記録を更新してしまった。今年、読書録に感想を書いた本は41冊。感想を書かずに流してしまった本もあるとは言うものの、決して多いとは言えない。41冊の題名を並べるとこんな感じ。 『鏡の偽乙...