Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハコブネ 村田沙耶香 集英社

『ハコブネ』は自分の性に違和感を覚えている3人の女性達が主人公の物語。セクシャリティ小説とでも言えば良いのかな。

非常に松浦理英子的。同性愛をテーマとした小説ではなくて、あくまでも「セクシャリティ」がテーマ。なのでエロティックな雰囲気は皆無だ。

スポンサーリンク

ハコブネ

十九歳の里帆は男性とのセックスが辛い。自分の性に自信が持てない彼女は、第二次性徴をやり直そうと、男装をして知り合いの少なそうな自習室に通い始める。

そこで出会ったのは、女であることに固執する三十一歳の椿と、生身の男性と寝ても実感が持てない知佳子だった。

それぞれに悩みを抱える三人は、衝突しあいながらも、自らの性と生き方を模索していく。

アマゾンより引用

感想

この作品で村田沙耶香が言わんとする事は分からなくもない。だけど、あまりにもニッチ過ぎる市場ではなかろうか?

自分の性に違和感を覚えている人や、セックスに疑問を持っている人は少なからずいるとは思うのだけど、ポイントを絞り過ぎと言うか、一般読者を置いてけぼり過ぎと言うか。

この作品を読んで「すごく良かった」とか「共感出来た」という読者は少数ではなかろうか。

なんだろうなぁ……個人的には嫌いなテーマではないのだけれど、いかんせん松浦理英子の功績が大き過ぎる。

どうしても二番煎じ感が否めないところ。たぶん、このテのテーマが好きな読者の多くは私と同じことを感じたと思う。

「松浦理英子っぽいけど、松浦理英子ほど面白くないな」と。作者の持論は分かるのだけど、小説として昇華されきっていないのだ。

登場人物達に魅力が無いのもよろしくない。「あぁ。コイツすっごく嫌な奴だけど、ちょっと好みだわ。抱いてほしいわ」と思えるほど魅力のある人物が1人もいなかった。

小説は論文じゃないので、やはり面白くないとどうしようもない。

村田沙耶香は気になる作家さんなのだけど、微妙に好みからズレるのが残念な感じ。他の作品に期待しようと思う。

村田沙耶香の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました