Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

雲南の妻 村田喜代子 講談社

『雲南の妻』は控えめに言って怪作だと思う。

なんだろう…この感じ。私、村田喜代子の虜になってしまいそうだ。

村田喜代子者の作品を読むのはこれで3冊目。1冊目も2冊目も絶賛しているのに、長らくその存在を忘れていた。そして久しぶりに読んだこの作品。

私の好み、ド直球過ぎて、どんなと風に感想を書いて良いのか分からない。

スポンサーリンク

雲南の妻

ザックリとこんな内容
  • 主人公は子どものいない既婚女性。
  • 夫は商社勤務で海外(主に中国の奥地)に買い付けに行くことが多く、主人公もそれに伴っている。
  • 主人公の夫は仕事で雲南の人と商売をするのに、現地り女性を通訳のとして雇う。
  • 主人公は夫がいる状態で通訳の女性と「女性同士の結婚」をする。

感想

日本の常識だと「女性同士の結婚なんて、そんな馬鹿な話あるわけない」となるのだけれど、ある少数民族では夫と妻。そして妻の妻。と言う形の結婚が存在するらしい。

夫がハーレム状態で2人の妻を得るのではなく、妻の妻はあくまでも「妻の妻」であって、夫は2人目の妻には手が出せない事になっている。

同性愛物とか、そういう類の話でもなくて、だからと言って女同士の間に友情以上の物が無いかと言うと、そうでもない。

なんだか不思議な作品だった。

女同士の結婚がある少数民族の男性はこんな事を語る。

家の中に仲の良い女が2人いて、始終楽しそうに笑ったりしゃべったりしている姿は、実に幸福な眺めではありませんか(後略)

女同士の結婚には色々な背景があり、副主人公も考えがあって日本人女性を「夫」とするのだけれど、色々と考えさせられてしまった。

ちょっと脱線するけれど、漫画家の森薫も『乙嫁語り』という作品の中で女同士の結婚(姉妹婚)をテーマの短編を描いている。

そして、ありえない事なのだけど「もし自分が主人公の立場だったら、女同士の結婚はアリだろうか?」と考えてみた。

私だったらそれは「アリ」だ。

作中にも書かれていたけれど、女は女同士でキャッキャウフフするのが好きなのだ。ある意味自然な姿だと言ってもいい。

作中には様々な結婚の形や、様々な倫理観の民族が登場するのだけれど、価値観の違いに戸惑ったり「なるほど」と感心したりと、とても興味深かった。

なんだか久しぶりに本を読んでガツンときた。作者の作品は今後、意識して読んでいきたいと思う。

村田喜代子の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました