Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

雨の塔 宮木あや子 集英社

この小説って分類するなら、どのジャンルに入るのだろう? ラノイトノベル? それとも百合小説? 前回読んだ『花酔道中』とまったく雰囲気が違っていたので面食らってしまった。雰囲気小説として読むなら、まずまずかなぁ……とは思う。

社会とは隔絶された学園で暮らす4人の女子大生達の物語なのだけど、設定だけ聞くと少女漫画かアニメとしか思えない。超お金持ちのお嬢様で、しかも寮生活だなんて。耽美設定は嫌いじゃない(と言うか、むすろ大好き)けれど、正直ちょっとついていけなかった。高校生ならまだしも、法的に成人した女性さえ含まれる「女子大」に、隔離社会設定を持ってくるのはちょっとキツイ。

4人が4人とも美少女なのはともかくとしても、あまりにも生活感が無さ過ぎて物語に入り込んでいけなかった。ハーブティにパフェにキッユシュにグラタン。数10年前に「少女漫画の主人公は紅茶と薔薇のジャムだけでも生きていけるのよ」なんて言われたものだけど、それくらい生活感が無い少女達が、それぞれにトラウマを抱えて葛藤したりするのだけど、登場人物達に人間らしさを見つけることが出来なくて、気持ちを添わせることが出来なかった。

いっそライトノベルとか少女小説にしちゃえば良かったのになぁ……と思った。雰囲気小説として読むなら決して悪くはないのだけれど、大人の女性の読み物としてはちょっと厳しい物があった。それに女同志の恋愛とも、共依存ともつかない関係もいただけない。作者がやりたい事は分からなくもないのだけれど。

『花酔道中』を読んだ時に「この作者って、もしかしたら松浦理英子のような路線を行きたいのかな?」と思ったりしたのだけど、今回も同じことを感じた。でも、色々な意味でふっ切れていないのだなぁ。足が痒くてたまらないのに、靴の上からしか掻けないもどかしさがあると言うか。

残念だけど、いまいち面白いとは思えない作品だった。

雨の塔 宮木あやこ 集英社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました