Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

"有吉佐和子"

非色 有吉佐和子 角川文庫

『非色』は有吉佐和子作品の中で1、2位を争うほど大好きな作品なのに、読書の記録に残せていない。 『非色』の感想はワ...

女二人のニューギニア 有吉佐和子 朝日文庫

有吉佐和子の作品は、ほぼ攻略したつもりなのだが、手に入らない作品も多い。 先日、古書店でやっと、この作品と巡り合え...

乱舞 有吉佐和子 集英社

『乱舞』は私の病床での愛読書『連舞』の続編で、日本舞踊の家元夫人となったヒロインが、突然の事故で夫を失ったところから物語...

連舞 有吉佐和子 集英社

『連舞』は私が愛してやまない病床読書本である。身体がズタボロで、辛くなってくると読みたくなる1冊。 時代は第二次世...

一の糸 有吉佐和子 新潮文庫

『一の糸』のヒロインは、有吉佐和子の描いた女性の中では、奇抜なタイプではないかと思う。 有吉佐和子は作品数の多い作...

針女 有吉佐和子 新潮文庫

針女と書いて「しんみょう」と読むらしい。要するにお針子さんのことだ。 夏…終戦記念日の前後になると、つい手にとって...

香華 有吉佐和子 新潮文庫

有吉佐和子という作家は、話のネタを山ほどもっていた人だと思う。 『恍惚の人』のような社会問題をテーマにしたものから...

華岡青洲の妻 有吉佐和子 新潮文庫

嫁姑文学の金字塔を挙げよといわれれば、私は真っ先に『華岡青洲の妻』を思い浮かべる。それくらいに「嫁姑」の描写が凄い。 ...

三婆 有吉佐和子 新潮文庫

表題作を含む7つの作品からなる短編集。 表題作は、妻、小姑、愛人が1つの敷地で暮らすという設定で、何度もドラマ化さ...

助左衛門四代記 有吉佐和子 新潮社

『助左衛門四代記』は和歌山県の、とある地主さん4代に渡る物語。 有吉佐和子の作品群の中で「世代物」というと、この作...

夕陽丘三号館 有吉佐和子 文春文庫

『夕陽丘三号館』は戦後の「社宅」を舞台にした妻達のお話。 流石は有吉佐和子。女を観察する意地悪な目線が素晴らしい。...

有田川 有吉佐和子 角川文庫

数年ぶりに再読してみた。 『有田川』は和歌山県で、明治から昭和を生きた女の年代記。 有吉佐和子は女の年代記的...

紀の川 有吉佐和子 新潮文庫

久しぶりに再読してみた。 『紀の川』は和歌山県に生きた女の三代記。 メインのヒロインは明治生まれの「花」とい...

和宮様御留 有吉佐和子 講談社

何年かぶりに再読してみた。 『和宮様御留』は江戸末期、徳川家に降嫁した皇女和宮は替え玉だった……と言う説に基づいて...

鬼怒川 有吉佐和子 新潮社

数ある有吉佐和子作品の中で、後味の悪さは1、2位を争う作品。 面白くないかと言うと、そうとは言う訳ではないのだけれ...

恍惚の人 有吉佐和子 新潮社

産褥の床で何か本を読みたくなったのだけど、新しい本を読むほどに集中力は無かったので、久しぶりに再読を…と手に取ってみた。...

海暗 有吉佐和子 文藝春秋

たいていの本は初めて読んだ時と、何年か後に再読した時で印象が変わったりする物だけど、この『海暗』に限っては再読してもまっ...
映画

映画『アメリカン・スナイパー』感想。

先の三連休に『アメリカン・スナイパー』をレンタル視聴した。 『アメリカン・スナイパー』は実在した米海軍特殊部隊ネイ...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます ...

七十歳死亡法案、可決 垣谷美雨 幻冬舎文庫

題名の通り「日本人は七十歳まで生きたら何らかの方法で死ななければならない」と言う法律が可決された近未来日本の物語。 ...

当サイトについて

管理人プロフィール 『白い木蓮の花の下で』へ訪問くださって、ありがとうございます。 管理人の白蓮と申します。...
タイトルとURLをコピーしました