Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

針女 有吉佐和子 新潮文庫

針女と書いて「しんみょう」と読むらしい。要するにお針子さんのことだ。

夏…終戦記念日の前後になると、つい手にとってしまう1冊。第二次世界大戦の悲劇を女の視点から書いた小説で、なかなか上手い。

スポンサーリンク

針女

死にに行く男が、愛を打ちあけたら、銃後に残される女はどんなに困るだろう――

出征した帝大生の弘一が残した〈青春の遺書〉を胸に、針仕事に打ちこむ孤児の清子。やがて戦争は終り、弘一は復員するが、彼の性格は一変していた。

二人の愛の結末は? 愛も哀しみも針一本にこめて激動の時代を生きたひとりの女性の姿を通して、日本人が忘れてはならない戦争の傷跡を描く。

アマゾンより引用

感想

両親を早くに亡くし叔父夫婦に育てられたヒロインが主人公。

ヒロインは職人の叔父に仕込まれて幼い頃から針を持ち、地味に真面目に控えめに生きるタイプで、控えめ過ぎるところが、うっとおしくもあるのだが、ただ耐えるだけの女ではなく「芯が強い」というところがポイント。

ヒロインの芯の強さと、打たれ強さが良い味になっていて、物語自体は陰鬱なのに、それほど悲惨なイメージを与えないのだ。

前半は東京の下町の風俗が楽しい。会話のテンポが良いので、いっきに読めてしまう。

特に職人気質の三五郎は愛さずにはいられない魅力的な人物として描かれている。

そして主題になってくる後半。ヒロインが想いを寄せていた従兄が出征してからの話は、戦争を知らない世代にも「あぁ、こういうことってあるのかも知れない…」と思わせる筆の力に満ちている。

嫌なのに「戦争に行かされる」という鬱屈。

従兄の残したノートに書かれた文章は、綿密な取材と下調べがあってこそなのだろうなぁ……思う。作り物だが迫力があると言うか。

そして、戦場で人を殺し、復員したは良いが別人のようになってしまっていた……というくだりは、戦争の恐ろしさを外堀から浮かび上がらせていて、現実にあったこととして、読み手に迫ってくる。

正直なところ、戦争を知らない世代にとって「戦場での戦い」はピンとこないのだ。が「酷い目にあって、人間が駄目になっちゃった」という話は、おぼろげながらも理解出来るような気がする。

筋書きとしては酷い話で、しかもハッピーエンドではないのだけれど「ヒロインはこれからも強く生きていくんだろうなぁ」と思えるあたりに救いがあるので、意外と後味は悪くない。

個人的には、決して好きなタイプの女性ではないけれど、ヒロインの底力は見習いたいと読み終えるたびに思う作品である。

有吉佐和子の他の作品の感想も読んでみる

針女 有吉佐和子 新潮文庫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました