Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"三島由紀夫"

純白の夜 三島由紀夫 角川文庫

今回はお久しぶりの三島文学。しかも再読ではなく未読作品。 三島由紀夫は作品数の多い作家さんだけに、全ての作品が面白い…とは言い難い。 学生時代から好きで、けっこうな数を読んできているが「これはちょっと…」と思った作品も多かった。...

金閣寺 三島由紀夫 新潮文庫

『金閣寺』は学生の頃、夢中になって読んだ1冊。 今にして思えば、どうしてそこまでハマってしまったのか不思議に思う。 人から「金閣寺って、どんな話なの?」と問われれば「吃音の学僧が金閣寺に放火する話」としか答えられないほど物語の流...

緋の河 桜木紫乃 新潮社

私の中で桜木紫乃は「とりあえず新刊が出たら読む作家」なので手にとってみた。 『緋の河』はカルーセル麻紀がモデルとの小説。「えっ? 桜木紫乃がどうしてタレント本書くの?」とイマイチ乗り気になれなかったのだけど、twitterを見ていると...

平場の月 朝倉かすみ 光文社

大人のための恋愛小説だった。 いきなりネタバレするけれど、この作品は恋愛小説の王道「好きな女が死ぬ話」だ。 ネタバレ宣言をせずにネタバレするのには理由がある。『平場の月』は彼女が死んだ事を明かした上で過去を振り返る形で進んでいく...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

伯爵夫人 蓮實重彦 新潮社

三島由紀夫賞受賞作。受賞会見が話題になり「なんか面白そうかも」と思って読んでみた。 題名からして私好み。豪華絢爛でエロティックな物語なのだろうと期待していたのだけど、激しくコレジャナイだった。 良い作品だとか、悪い作品だとか言う...
日記

昔の文庫本。今の文庫本。

夫と話をしていて、ひょんな事から『聖アウグスティヌスの殉教』と言う絵について説明する事になった。『聖アウグスティヌスの殉教』と言えば私の中では三島由紀夫『仮面の告白』の一節に出てきたのがキッカケでその存在を知った。『仮面の告白』を読んだのは...

純愛心中 「情死」はなぜ人を魅了するのか 堀江珠喜 講談社現代新書

研究本と言うには軽すぎる感じのウンチク本。 蓮っ葉な感じの文章に辟易させられたことを除けば、なかなか面白い作品だった。 私は「恋愛小説が苦手」と公言して憚らないが、しかし本当は「苦手」と言いつつ「大好物」なのだ。たまたま自分のツ...

金色の死 谷崎潤一郎大正期短編集 谷崎潤一郎 講談社文芸文庫

足フェチ谷崎ここにあり……というような変態度したたる短編集だった。 エロい……素敵にエロ過ぎる。性的な要素を含むこだわりを「フェチ」と書くと高尚で「変態」と書くと低俗なイメージを与えがちだが、こういうことって高尚も低俗も無いように思う...

痴人の愛 谷崎潤一郎 新潮文庫

こんなにも谷崎潤一郎の作品が好きなのに、読書録に作者の本が1冊も並んでいないことに気付いて驚いた。 だいたい、読書録を書きはじめるまでに読んだ本は、ほとんど書けてはいないのだけれど。 赤絵曝など1冊もないし、有吉佐和子や三島由紀...

鱗姫 嶽本野ばら 小学館

嶽本野ばらの作品は『カフェー小品集』を読んで、あまりの「乙女光線」にクラクラしたので、もう彼の作品を読むことはないだろうと思っていたのに某所で「他の作品も読んでみます」と宣言しちまったので、なんとなく読むことになってしまった。 日記に...

エミリー 嶽本野ばら 集英社

「嶽本野ばら作品って、ちょっと苦手かも」と言いつつ、今回もまた読んでしまった。 耽美な雰囲気は好きなのに、どこか越えられない一線があったのだが、この作品には、すんなり溶け込むことが出来た。 エミリー “この残酷な世界に生み落と...

ロンバルディア遠景 諏訪哲史 講談社

感想を書くのがものすごく難しい作品。 「頑張って文学っぽい作品を書きたいのです」とい意気込みは強く伝わってきた。 だが支離滅裂で訳が分からなかったし、その支離滅裂っぷりはちっとも面白いと思えなかった。 ロンバルディア遠景 ...

蕭々館日録 久世光彦 中央公論新社

『蕭々館日録』は読むのにすごく手間取ってしまったけれど、じっくり読むのに相応しい1冊だった。 大正から昭和にかけて活躍した文豪達が集う「蕭々館」は、本好きにはたまらない空間ではないかと思う。 芥川龍之介だの、菊池寛だの、特別出演...

「奇譚クラブ」の人々 北原童夢 河出文庫

日本初の総合変態雑誌「奇譚クラブ」について検証した本である。 そのテの物が苦手な人が読めば、気分の悪くなるような写真やイラストが満載で、一見すると、かなりエロティックな風に見えるのだが、内容自体は「硬派」なことこの上ない。 それ...

追悼の達人 嵐山光三郎 新潮社

文学界で活躍した作家達の追悼文と、それにまつわるエピソード通して作家と文学を「死」や「追悼」という視点から語った作品。 夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成……などなど国語の教科書に出てくるであろうラインナップが...
タイトルとURLをコピーしました