Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

純白の夜 三島由紀夫 角川文庫

今回はお久しぶりの三島文学。しかも再読ではなく未読作品。

三島由紀夫は作品数の多い作家さんだけに、全ての作品が面白い…とは言い難い。

学生時代から好きで、けっこうな数を読んできているが「これはちょっと…」と思った作品も多かった。この作品も正直なところ「これはちょっと…」と思ってしまった。

スポンサーリンク

純白の夜

created by Rinker
¥562(2019/09/15 09:31:31時点 Amazon調べ-詳細)

村松恒彦は勤務先の岸田銀行の創立者の娘である13歳年下の妻・郁子と不自由なく暮らしている。恒彦の友人・楠は一目で郁子の美しさに心を奪われ、郁子もまた楠に惹かれていく。2人の恋は思いも寄らぬ方向へ……。

アマゾンより引用

感想

一応、不倫の話…ってことになるのだろうか。

人妻が夫の友人と恋のかけ引きを楽しむという筋書きで、ヒロインの女性は三島文学にありがちな美貌の女性。美しくて、プライドが高くて気まぐれ屋。そのくせ時代が時代なだけに、妙な貞操観念にとらわれている。

もしかしたら、この作品を読んだのが高校生の頃だったら面白かったのかも知れないけれど、自分自身が人妻になった今は稚拙な物語としか思えなかった。

ヒロインの心の動きは人妻と言うよりも、セックスの経験をしたことのない少女のようで読んでいて入り込むことが出来なかったのと、時代が時代なだけに恋愛するにしても今の感覚と違っていてついていけなかったのが敗因。

ストーリー自体の組み立ては上手に出来ていて良かったとは思う。

起承転結がハッキリしていて小説のお手本のようだ。ラストは何もかもをひっくり返してしまうオチが用意されているのだけれど、それについては、あまりにも唐突過ぎて「それはどうよ?」と思わず突っ込んでしまった。

そんなこんなで素直に楽しむことが出来なったのだけど、1つだけ感心した箇所があったので書いておきたいと思う。

ヒロインが炬燵の中に手を突っ込んでいて「指輪が熱い」と感じる描写がある。

指輪をしたことがある日本人女性なら、誰もが経験のあることだと思うのだけど、男性である三島由紀夫がそれをスマートに書いている事に吃驚してしまった。作家って凄いなぁ……と。

正直なところ、この作品についてはあまり面白いとは思わなかったのだけど、読書録にはほとんど書いていないことだし、今一度三島文学をおさらいしてみても良いかも知れないなぁ……なんてことを思った。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました