Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"いしいしんじ"

そのように見えた いしいしんじ イースト・ブレス

何年かぶりに、ふと思い立っていしいしんじの作品を手にとってみた。いしいしんじは私にとって大好きだ大嫌いな作家だ。それこそ出会った頃は恋に落ちたと言うほどのハマりっぷりだったのに、読んでいくいちに空恐ろしい何かを感じるようになり、パタリと読ま...

その辺の問題 中島らも・いしいしんじ 角川文庫

わたしが愛する中島らもと、いしいしんじが仲良しだった……ってことは何か本で読んで知っていたけど、本当に仲良しだったんだなぁ……ってことを実感させられた1冊だった。中島らもは「私の知っている中島らも」以外の何物でも無かったけれど、いしいしんじ...

四(よん)とそれ以上の国 いしいしんじ 文藝春秋

読後、とても哀しくなってしまった。私はもう、いしいしんじに付いて行けそうにない。好き過ぎてたまらず「一生あなたに付いてて行きます」とまで思った時期もあったのに、もう無理だ。恋人との別れを決断した時と同じような心境だ。 いしいしんじは、...

みずうみ いしいしんじ 河出書房新社

いしいしんじ、久しぶりの新作ということで楽しみにしていたのだけど、個人的には好きになれなかった。あの超絶とも思える「いしい節」は、もう戻ってはこないんじゃないかなぁ……などと思ったりして少し哀しくなってしまった。そして今回はネタバレ風味で書...

いしいしんじのキューバ日記 いしいしんじ マガジンハウス

いしいしんじのキューバ旅日記。『いしいしんじのごはん日記』の姉妹編といったところ。写真と、作者のイラストが入っていて「読む」部分はいささか少なめ。本気で活字を読みたい人には不向きかも知れないけれど、お茶でも飲みながらダラダラ眺めるには最適な...

プラネタリウムのふたご いしいしんじ 講談社

お話自体は、それほど面白くもないのだけど「やっぱり、いしいしんじだなぁ」と思った1冊だった。いま、私はいしいしんじ作品と蜜月中なので、彼の文章への評価は、かなり甘い目になっているのだが、それでも『ぶらんこ乗り』とか『麦ふみクーツェ』に較べる...

いしいしんじのごはん日記 いしいしんじ 新潮社

それほど良い作品だとも思えないのだけど、何故だか、しっくりと馴染んでしまった。あまり気に入ったので、読みえた直後に最初のページへ戻ったくらいだ。行きつ、戻りつ何度も読むほど訳もなく気に入ってしまった1冊。 田舎びた海辺の街で、ゆっくり...

絵描きの植田さん いしいしんじ ポプラ社

雰囲気自体はすっごく好きだ。主人公の住む鄙びた村は、子供の頃に遊びに行った鹿児島の曾祖母の村を思い出させて、目頭が熱くなってしまったほど。こういう穏かな人間関係のある暮らしに憧れてしまう。自分の領域を守りながら、しかし人と関わって生きて行く...

ポーの話 いしいしんじ 新潮社

私にはちょっと難しい作品だった。壮大過ぎると言うか、複雑怪奇と言うか。毎度おなじみの「いしいワールド」なのだけど、今回の作品は規模が大き過ぎたような気がする。私が好きなのは、1つのお話をじっくり追って行くタイプの物みたい。いくつかの話が絡ま...

白の鳥と黒の鳥 いしいしんじ 角川書店

なるほど…そうきたか。やっぱり、そうだったか……とて思わず、ほくそえんでしまった1冊だった。作者の描く作品は哀しいまでに優しい世界が多くて、あまりに綺麗な世界だから「根っから優しい人なんていないよね?」と、心のどこかで少し意地の悪い推測をし...

ぶらんこ乗り いしいしんじ 新潮文庫

面白過ぎて興奮してしまった。私はこれから作者のことを「暗黒童話屋」と呼ぶことにする。ひらがなが多目で、やさしい文章を書くのに、実はかなり暗いのだ。暗いだけなら、まだしも切なくて恐い。宮澤賢治だの、小川未明だのといった作家さんと同じ空気を感じ...

トリツカレ男 いしいしんじ ビリケン出版

某氏が推薦しておられて、以前から気になっていた1冊。、図書館へのリクエストが叶って、やっと手元に届いた。はじめて読んだ作者の作品は、どうにもダルダルでイマイチ好きになれなかったけれど、この作品は良かった。ハッピーな『シラノ・ド・ベルジュラッ...

麦踏みクーツェ いしいしんじ 理論社

なにげに……宮澤賢治の持つ雰囲気と似ているような気がした作品だった。時代背景の分からなさ加減だの、登場人物の変な言葉遣いや突飛な行動だの。ファンタジーや童話が苦手な人だったら、読むのが苦痛じゃないかと思われる。私などファンタジーや童話が好き...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます。 あ行 あ行の作家一覧 あ ...

フィンガーボールの話のつづき 吉田篤弘 新潮文庫

読み終えた後、スモークサーモンの入ったサンドイッチが食べたくなってしまった。作中にそんな食べ物は出てこないのだけど、なんとなく「スモークサーモンの入ったサンドイッチのような作品だなぁ」と思ってしまったのだ。17編からなる連作短編集。どれも、...

村田エフェンディ滞土録 梨木香歩 角川書店

時は1899年。トルコ政府の招聘によって考古学の研究にトルコに滞在している主人公(村田)の周囲に起こった物語。なんとなく実録風だが、あくまでも小説。ちなみに題名のエフェンディとはトルコの言葉で学問を修めた人への敬称とのこと。 主人公は...

沼地のある森を抜けて 梨木香歩 新潮社

ちょっと不思議な雰囲気のある作品だった。いしいしんじのような、薄井ゆうじのような。舞台は現代日本なのだけれど、ちょっとファンタジー色が入っている。非常に女性らしい作品だった。「糠床から人が出てくる」なてん発想は、男性には出来ないのではなかろ...

さかだち日記 中島らも 講談社

合法・非合法ドラッグとアルコールを断ちつつある時期の(完全に切れていないが)作者の日々が綴られている。日記形式。覚醒剤取締法違反で捕まる前に書かれた作品で、いちおう「改悛の日々」という感じか。また同じ道を辿るのだなぁ……などと思うと、ちょっ...

雪の練習生 多和田葉子 講談社

ちょっと風変わりな話だったけれどかなり面白かった。人語を解する北極熊の「三代記」。サーカスの花形で自伝を書いた祖母、女曲芸師と伝説の『死の接吻』を演じた母、そして一時期世界的に話題となったクヌートの物語。「熊視点」で語られる話は斬新だが、し...

きつねのつき 北野勇作 河出書房新社

父と幼い娘の暮しを描いた短編連作集。SFと言うことで不条理な話が多く、好き嫌いは分かれると思う。不条理系のSF小説って滅多に読まないのだけれど「純文学」や「エンターテイメント小説」とは全く別物なのだってことを改めて思い知らされた。 「...