Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ぶらんこ乗り いしいしんじ 新潮文庫

面白過ぎて興奮してしまった。私はこれから作者のことを「暗黒童話屋」と呼ぶことにする。

ひらがなが多目で、やさしい文章を書くのに、実はかなり暗いのだ。

暗いだけなら、まだしも切なくて恐い。宮澤賢治だの、小川未明だのといった作家さんと同じ空気を感じてしまった。

童話、あるいは児童文学だから出来る手法だと思う。

こういう話を大人の本として書かれた日にゃぁ、やり切れなくて死にたくなってしまうだろう。

スポンサーリンク

ぶらんこ乗り

created by Rinker
¥562(2019/09/16 09:53:31時点 Amazon調べ-詳細)
ザックリとこんな内容
  • ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意、声を失い、でも動物と話ができる、弟の物語。
  • まるで天使のような弟は1冊のノートを残していた。
  • 弟が残したノートには真実が描かれていた。

感想

ヒロインの弟が書いた動物が主人公の童話が、ゾクゾクするほど素敵だった。どれもこれも「痛てぇ」って感じの話なのに。

  • 残酷なペンギン
  • ローリングする象
  • 中毒コアラ

こんなに恐くて面白い話、どうやったら思いつくのだろう。面白いというよりも「やり切れない」感じがした。

ヒロインの弟の書いた童話と、本筋の話に共通して感じたのは「分かり合えない」とか「通じ合えない」とかいう、自分と他者の間にある、どうしようもない距離感だった。

分かり合いたいと願いつつ、しかし決して分かり合えない……ってありたが、切なさのツボを直撃。

それでもなお、想う人と共にいたいと思うのだから、人間って生き物は厄介だなぁと思う。

わたしたちはずっと手をにぎってることはできませんのね

たがいにいのちがけで手をつなげるのは、ほかでもない、すてきなこととおもうんだよ

この一文は、この作品のテーマを雄弁に物語っていると思う。

永遠ではないと知りつつも、手を繋ぐことを肯定して生きるのは素晴らしいと思う。そこには、痛みを引き換えにしても得るものがあるのではないかと。

それにしても、ラストで1人ぼっちになってしまったヒロインが不憫でならない。たぶん、ヒロインはそれなりに生きていくのだろうけれど。

どんなことでも、残された者というのは、去りゆく者より辛いと相場が決まっているのだ。

ずっと手元において読み返していきたい1冊に出会えるというのは本読みにとって幸せなことだと思う。この本に出会えて本当に良かった。いしいしんじの他の作品の感想も読んでみる

タイトルとURLをコピーしました