読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

いつでも誰かが濃厚接触者。

新型コロナウイルスの第7波が来たようだけど、今まで以上に色々と大変。

初めて非常事態宣言が出た頃はコロナについてイマイチよく分かっていなかったし、マスクだの消毒薬が足りなかったりして毎日ピリピリしていたけれど、今回はそう言ったこともなくてピリピリした気持にはなっていない。

……とは言うものの。パート先である医療型児童発達支援センターでは通所されているお子さんの感染だの職員の感染や濃厚接触者が相次いでいて毎日大変なことになっている。

医療型児童発達支援センターってところは様々な職種の人が協力して子ども達を支援ている。私は保育士とし働いている訳だけど、理学療法士や作業療法士、医師に看護師…と多くの人と連携しながら1日が回っている。なので誰かが欠けると色々と面倒。

例えば…だけど、保育士が1人欠勤してもその日の活動予定を組み替える必要がある。「誰が欠けた穴を埋めるのか」ってところもそうだけど、濃厚接触者だったりする場合は「いつまで穴があくのか?」ってとろこも重要になってくる。

ここのとろこずっと、いつ誰かが濃厚接触者になっている。

朝の時点で分かるケースもあるけれど、職場に電話が掛かってきて「子どもが熱出してたので帰ります」からの「子ども陽性でした」で「濃厚接触者になったのでしばらく休みます」なんてケースもある。

たぶん…だけど、この状況ってパート先だけの話ではなくて、学校や各種施設、病院などでも同じことが起こっているのだと思う。

人手が足りなくなっていきてる。そかも第6派の時よりもずっとヤバイ勢いで。

所長からは「給食の職員数が足りず、提供が難しくなってきている。場合によっては保育士・看護師から給食の応援をお願いするかも知れない」とのお達しがあった。それらいヤバイ…ってことだ。

今までのパターンからすると、何だかんだ言いながらもいつしか収まってくるのだろうけど「一刻でも早く収まって欲しい」って気持でいっぱいになってる。正直、シンドイ。

コロナのバカ

コロナのバカ

コロナのバカ。もう知らない! ホントそろそろ勘弁して欲しい。

タイトルとURLをコピーしました