読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

毎日「仕事辞めたい」って思ってる。

記事内に広告が含まれています。

最近、毎日のように「仕事辞めたい」って思っている。月曜日は必ず「仕事に行きたくない」って思うし、金曜日になると「明日は仕事にい行かなくてもいいんだ」と心が晴れる。

夫は「そんなに仕事行きたくないなら辞めたらいいんじゃない?」と言う。実際、私が仕事を辞めたとしても家族が飢え死にする訳じゃない。独身時代は一家の大黒柱だったので「私が稼いで家族を養う」みたいな気持ちで働いていたけれど、今は夫が大黒柱なので私が働いて得た収入は貯蓄へ回される。仕事を辞めたら貯蓄額は減ってしまうが生活が立ち行かなくなる訳じゃない。

では、そんなに仕事へ行くのが嫌なのに、どうして今の職場で働いているのか? 理由は明確に分かっている。

  1. 時給が良いから
  2. 仕事が好きから

保育士…と言うと低賃金職業ランキング上位入賞…みたいなイメージがあるけれど、最近は改革等の影響と保育士不足から案外時給は悪くないのだ。

加えて私の働いている職場では非常勤にもボーナスある。在住市で仕事を探す時に50代女性がパートで働くとするなら、ぶっちぎりの高時給。正直、この時給は魅力的過ぎる。

すると夫は「結局、お金のためだけに働いてるってこと? じゃあ、俺の(働いている)会社においでよ。白蓮さんのスキルなら今の時給より高時給を保証できるよ」と言う。

お金だけ…って働いているなら、どんなに良いかと思う。結局のところ仕事自体は嫌いじゃないのだ。

日々の仕事はキツイことの連続だけど子どもと一緒に楽しい時間を共有できたと心から思えた時や、心が通じ合っていないと感じていたお子さんが警戒心を解いてくれた瞬間などに感じる嬉しさや高揚感は他の仕事では得られないところではある。

「それって仕事中に脳汁出てくる…みたいな感じ?」と夫。確かに…そうかも知れない。

だけど働き始めてからずっと保育士業界の風習には馴染めないでいるし、人間関係もイマイチで仕事はキツイ。ここ最近はマイナス面ばかりが目について毎日「仕事辞めたい」って思ってる。

自分でも「これじゃあ駄目だな」って自覚はある。

もしかしたら契約が年単位じゃなければ前職場(放課後等デイサービス)の時のように、猛烈にムカつく事案が発生した時点で転職活動をするだろうけど、今の仕事は年単位の契約で次の更新は2025年の3月なのだ。良識ある社会人として契約内は働く必要がある(飛ぶ人もいるけど)

「来年度の更新どうしようかなぁ」と新年度がはじまって半年も経たっていないのに、そんな事を考えてる。51歳になっても悩みは尽きない。