Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"三浦綾子"

氷点(上・下) 三浦綾子 角川文庫

三浦綾子と言えば『氷点』何と言ってもこの作品は外せない。 『氷点』は三浦綾子のデビューであり出世作。新聞の懸賞小説だったと言うから驚きだ。昔から何度となくドラマ化されているので、本を読んでいなくても筋書きだけ知っている人も多いかと思う...

道ありき<青春編> 三浦綾子 新潮文庫

黄金週間に入ってからずっと三浦綾子の感想が続いているので、読んでくださっている方はウンザリかも知れないけれど、この黄金週間は三浦綾子週間にしようと思っている。 若い頃あんなに読み耽ったのに、HPにはほとんど感想を書けていない。 ...

雪のアルバム 三浦綾子 小学館

学生時代、それこそ文庫本の背表紙が擦り切れるくらい読んだ1冊。 ヒロインが洗礼を受けるため、牧師にあてた「信仰告白」と言う形を取った1人語り形式で、絵の上手なヒロインの幼少時代から洗礼する23歳までの半生が描かれている。 ヒロイ...

岩に立つ 三浦綾子 講談社文庫

数ある三浦綾子の作品の中でも5本の指に入るほど好きな作品。 久しぶりに再読してみた。三浦綾子と言えは『氷点』『塩狩峠』『道ありき』あたりが代表作と言われるけれど、それらの作品はキリスト教的考えが前に出過ぎている気がする。 それが...

ひつじが丘 三浦綾子 講談社文庫

数ある三浦綾子の作品の中でも20代の頃に大好きだった作品。「三浦綾子さんの作品の感想をお願いします」とメールを戴いたので、久しぶりに再読してみた。 42歳の今になって読んでみると三浦綾子が精力的に書いていた時期の作品ってワンパターンな...

続 泥流地帯 三浦綾子 新潮文庫

ここのところ、どうしようもなく落ち込んでいるので久しぶりに『続 泥流地帯』を手にとってみた。 続 泥流地帯は、もう何度も読み返しているのに、何か物事に行き詰ると読みたくなる愛読書で『泥流地帯』の続編になる作品。 『泥流地帯』と「...

塩狩峠 三浦綾子 新潮文庫

この作品を読んだのは中学生の頃。しかも、はじめて買った文庫本だったので、やたらと思い入れの深い1冊だ。 この『塩狩峠』は私の三浦綾子遍歴のスタートなので、これは読書録に書き記しておきたいかな…と。 塩狩峠 結納のため札幌に向っ...

泥流地帯 三浦綾子 新潮文庫

この作品は『泥流地帯』と『続・泥流地帯』の2冊1組。 私が初めて『泥流地帯』読んだのは、10代だった。当時は真摯に生きる人達が不幸に見舞われることにハゲ石憤りを感じたものだ。 しかし、今でも何か辛いことに直面した時に再読したくな...

明日をうたう 三浦綾子 角川文庫

キリスト教作家である三浦綾子が晩年に記したエッセイ集である。 他の著作同様、宗教色が濃い上に、エッセイとしては面白みに欠けるが、つれづれに書いた「日記」だと思えば、それなりに読めるかと思った。 どちらにせよ三浦綾子のファンでなけ...
日記

こちら側の人間でいたい。

娘、小学校6年生。少し前の日記で「PTAの学級委員をする事になってしまった」って話を書いたのだけど、あれからずっとモヤモヤしていた。 詳しい経緯を割愛してしまったので、日記を読んでくれている方に私のモヤモヤは伝わり難いと思うけれど、私...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

死してなお踊れ 一遍上人伝 栗原康 河出書房新社

栗原康は初めて読む作家さん。私は面白かったけれど、相当砕けた…と言うかフザケた文章なので好き嫌いは分かれそう。 町田康が大丈夫な人なら楽しめると思うけれど、町田康の文章が生理的に受け付けない人にはオススメ出来ない。町田康『ギケイキ』の...
映画

映画『レオン』感想。

夫がノー残業デーで早く帰宅出来た日に録画していた『レオン』を視聴した。 『レオン』は大好きな映画で私は何度も観ているのだけど、夫は初視聴。 ちなみに、この映画が公開されたのは1995年。比較的新しい映画のように思っていたのに、2...

氷の轍 桜木紫乃 小学館

北海道を舞台にしたミステリ作品。80歳になる元タクシー運転手の殺人事件にまつわる物語。 殺人事件を追うことで様々な人間の過去が浮き彫りになってくる。ミステリと言っても、殺しがどうのこうのと言うよりも親子関係、人間関係の物語って感じ。 ...
日記

不安を煽っていくスタイル。

熊本の震災以降、新興宗教の人達の突撃回数が激増している。 宗教自体は否定しないけれど私は新興宗教団体ってのが大嫌いだ。どんなに素晴らしい教義だったとしても、人の不幸につけ込んでの布教活動は詐欺と何ら変わらない。善意を全面に出してくるあ...

颶風の王 河崎明子 角川書店

三浦綾子文学賞受賞作の長編小説。 馬とかかわる暮らしをしてきた一族の物語。明治、大正、昭和と6代に渡る馬との因縁が描かれている。 作者の河崎明子は北海道で酪農をされているとのことで、北海道の自然と馬の描写が素晴らしい。少し古風な...

デウスの棄て児 嶽本野ばら 小学館

初めて参加したサイン会で購入したハードカバー本である。 サイン会の感動は日記に書いたので、気になる方はコチラまで。 嶽本野ばらはサイン会に行くぐらいそこそこ好きな作家さんではあるのだけれど今回の作品はダメだった。 読書録に...

風葬 桜木紫乃 文藝春秋

桜木紫乃の作品はこれで3冊目。最近の私にしては怒涛の勢いで追いかけているのだけど今回のは戴けなかった。 長編作品でジャンルとしてはミステリーに入るのだろうか。 舞台は北海道。母親の後を継いで書道教室をいとなむ女性の出生の秘密につ...

魍魎の匣 京極夏彦 講談社

「本の厚さで人が殺せる京極本」にトライしてみた。 直木賞作家にまでなった京極夏彦は押しも押されぬ人気者。ミステリ好きの友人達が、彼の作品にハマっていたのは高校生時分の頃だったろうか。 ミステリ音痴の私は「へー。ほー」と相槌を打ち...

ザビエルとその弟子 加賀乙彦 講談社

最近、ついつい読みやすい本にばかり流されがちだった。 「頑張って読まなきゃ」って雰囲気がある作品を避けていたのだけれど、やはり「頑張って読まなきゃ」な感じの作品ってのは、それ相応に良いものだと思った。 難解とまではいかないまでも...
本の話

重ねる本と見上げる本

私は毎日、毎日、何某の本を読んでいる訳だが、ドップリ夢中になれる本に巡り会うことは滅多にない。たいていは「まあまあ面白かった」どまりだ。だからこそドップリ夢中になれる本に出会えた時の嬉しさと言ったらない。大げさではなく本気で「生きてて良かっ...
タイトルとURLをコピーしました