読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

BUTTER 柚木麻子 新潮社

『BUTTER』は婚活殺人事件の木嶋佳苗をモデルとして書かれた小説とのこと。

大体的に売り出されていて、評判が良さげなので手に取ってみた。

首都圏連続不審死事件(木嶋佳苗の婚活殺人)

  • 首都圏連続不審死事件とは、2007年(平成19年)から2009年(平成21年)にかけて発生した連続不審死事件。
  • 容疑者となった木嶋佳苗には多数の愛人がいたが、愛人達は不審死を遂げていることが分かった。
  • 埼玉県警は木嶋佳苗が結婚を装った詐欺をおこなっていたと断定し、詐欺の容疑で逮捕。

最初に書かいておくけれど、この作品はルポルタージュではない。

あくまでも木嶋佳苗の事件にヒントを得て書かれた作品だと思う。

「木嶋佳苗がモデルの話題作」とのことで吉村昭張りの記録文学を期待していたので、ちょっとガッカリした。

まぁ…面白いと言えば面白いのだけど、どうせ読むならルポルタージュではなく、あくまでも「なんとなく木嶋佳苗っぽい登場人物が出て来る小説」という認識で読んだ方がガッカリ感が無くて良いと思う。

スポンサーリンク

BUTTER

created by Rinker
¥1,728(2019/04/01 06:42:43時点 Amazon調べ-詳細)

結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子。世間を騒がせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿と、女性としての自信に満ち溢れた言動だった。

週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、親友の伶子からのアドバイスでカジマナとの面会を取り付ける。

だが、取材を重ねるうち、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に、翻弄されるようになっていく―。読み進むほどに濃厚な、圧倒的長編小説。

アマゾンより引用

感想

『BUTTER』という題名に相応しく、とにかくバターが沢山出てくる。

バターが好きな人には暴力的なまでにバターの美味しさを語っていて、食いしん坊の人にオススメしたいようなオススメしたくないような。

食べる事の好きな人なら楽しく読めるのではないかと思うのだけど、そうでない人は無理かも知れない。料理描写が多いので、食べる事が好きな人でなければ胸焼けする事請け合いだ。

柚木麻子と言うと私の中では「女子校のことばっか書いてる人」と言うイメージがあったので「殺人犯をモデルにした作品を書くなんて!」と言う驚きがあった。

「路線変更なの?」とか「実のところメチャメチャ引き出しが多い人なの?」とか。しかし実際に読んでみて納得した。これは女子校を卒業した女子校育ちの大人になりきれていない女性が主人公の「女子校アフター小説」なのだと。

なんと言うかなぁ…この作家さんの書く作品はどれもこれも同性愛の香りがするのだ。

そしてこの作品もその系譜に入っていて、ガッツリとして男と女の関係とかドラマが好きな人からすると「なんじゃこりゃ?」な世界観だと思う。

巷では絶賛されているようだけど、この作品は軸がブレブレでイマイチだと思う。

BUTTERの美味しさを表現したかったのか、女同士の奇妙で行き過ぎた友情を描きたかったのか。

少なくとも木嶋佳苗をモデルにして描かれた…とされている梶井真奈子は木嶋佳苗らしくないし、読後に残ったは「主人公と親友の関係」だったり「美味しそう食べ物」だったりするのだ。

「柚木麻子の文章とノリが好き」って人にはオススメ出来るけれど「木嶋佳苗をモデルにしたミステリが読みたい」と言う人にはオススメ出来ない。

私はそれなりに面白読ませてもらったけど「作風とテーマが合っていないのでは?」と思ってしまった。

大人の読み物としては力弱いと言うかなんと言うか。次は大人の読み物ではなくて、厨二病全開の女子校ものをお願いしたいな…と思った。

柚木麻子の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました