読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

転職の面接を受けてきました。

私。ついに転職の面接を受けてきました。面接を受けだけなので結果については現時点では謎です。

散々っぱら職場の不平不満を書き散らしていたのですが、意気地のないことにちょっぴり未練のようなものがあったんですよね。働きはじめて2年半。秋になったら丸3年。職場に対する愛着が無いと言えば嘘になります。

会社の体制だの職員への待遇だの社長のクズっぷりだの対して愛想が尽ている訳ですが、仕事自体に不満はないし一緒に働いているスタッフは大好きなんですよ。

先に辞めると言う看護師さんには「辞める時は社長や職場や残る人のことなんて考えるな。引き止められてとしても辞めたいタイミングで辞めた方がいい。自分の幸せだけ考えて」と背中を押したくせに、いざ自分が…となるとクヨクヨしてしまう訳ですよ。

  • 私が抜けたら個別支援計画とかアセスメントは誰が作るんだろ?
  • そもそもシフト組むの大変じゃね?
  • それでなくても加算取れるスタッフが減っちゃうのに?
  • 児発管ストレスで死んじゃうのでは?
くよくよしてもいいじゃない

くよくよしてもいいじゃない

……なんて余計なことを考えてしまうんですよね。人の背中を押すつもりで言った言葉をそのまま自分に言ってやりたい…そんな気持ちになってしまったりして。

でも、とうとう迷いを捨てて面接に行ってきました。

なんて言うんでしょうね…娘の前に立った時に「でも」とか「だって」を繰り返して前へ進めないような情けない親でいたくなかったんです。子どもに生き方を見せるのも親の勤めじゃないかな…って。

……すいません。大嘘です。私はそんなに立派な人間じゃありません。

辞めると教えてくれていた看護師さんの退職が5月末に決定したんです。

私の次にベテランのパートスタッフも5月末で退職が決まっていて、少人数の職場でベテランが2人も抜けたら6月からは生き地獄しか見えてこない訳ですよ。

看護師さんから「退職日が5月末に決まりしまた」と聞いたその日の夕方に面接申込みの電話をかけました。

電話をかけた翌日には「いつか転職活動をする日のために」と用意しておいたユニクロの黒スーツを身にまとい「いつでも提出できるように」と準備しておいてた履歴書と職務経歴書をカバンに入れて、ママチャリぶっ飛ばして面接に行ってきましたとも。

今回のチャレンジ先は医療型児童支援センターのパート保育士。時給は一気に200円以上アップ。パートだけど賞与もあって社会保険完備の高待遇。今の私からすると高嶺の花…って感じの求人でした。

私の場合、年齢にしては保育士経験が薄いのが弱点。現場経験は放課後等デイサービスの2年半のみ…ってところを突っ込まれてしまうと、どうにもお手上げなんですよね。

その半面「パソコンはガンガン使えて、モニタリングとかアセスメントとか個別支援計画もバッチコイです!」と胸を張って言えるところは強みかな…とは思っているのですが、そのあたりをどう判断してもらえるか…ってところに勝機があるかと思っています。

面接の手応えは悪くなかった気がするのですが、結果に結びつくかどうかは別の話です。しかも今回の案件は「登録制と言う形を取らせて戴いておりますので、勤務をお願いする場合のみご連絡いたします」って形式。

採用されなかったとしてもお祈りもされない…って言う無慈悲設定なので2~3日待って連絡が来なければ「アッ…察し」と思うしかありません。

なので「転職決まりました~」って日記がなければ「駄目だったんだな…」と思って戴ければ幸いです。数日待って何も無ければ次に行きますし、とりあえず転職サイトに登録して体制は整えました。

ちなみに私が登録しているのはジョブメドレーって転職サイト。医療・介護・保育・福祉系の仕事専門の転職サイトで登録しているとスカウトメールが届く仕組みです。

もちろん苦労はしたくないので今回の面接で終わりにできれば最高なのですが、流石に夢見がちな気がしています。

とにかく「一刻も早く今の職場から脱出する」ってことを目標に地道に頑張りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
放課後等デイサービス
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました