読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ブルースRed 桜木紫乃 文藝春秋

『ブルースRed』は直木賞作家である桜木紫乃かデビュー20周年を記念して出版された作品。

桜木紫乃は『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞して2021年に映画化されている。私も一時期、桜木紫乃にハマって推しまくっていた時期があったものの、ここ数作品は「ん~。微妙にコレジャナイ」が続いていた。

だけど、今回は吹っ切れた!

私にとって『ブルースRed』は「腐れ縁のダメンズと手を切るキッカケになった」くらいの勢いで桜木紫乃との決別を確信した作品だった。

ちなみに『ブルースRed』は、一般的に評判が良かったっぽい作品なので貶す系の感想を書くのは気が引ける。なので桜木紫乃が大好きな方は「そっ閉じ」でお願いしたい。

スポンサーリンク

ブルースRed

created by Rinker
¥1,650(2022/05/26 08:48:16時点 Amazon調べ-詳細)
ザックリとこんな内容
  • 『ブルースRed』は『ブルース』の後日譚(続編)的な作品。
  • 物語の主人公は釧路の街を裏社会から牛耳る影山莉菜。
  • 莉菜は亡父・博人の血をひく青年を後継者として育て、官僚から代議士への道を歩ませようとしていた。

感想

『ブルースRed』は『ブルース』の続編的な作品。ちなみに、前作は生まれつき指が6本あって、超絶技巧のセックステクニシャン影山博人とその女達の物語だったけれど『ブルースRed』はその娘(?)影山莉菜の物語。

影山博人は北海道で「夜の支配者」として君臨した男だったけれけれど、莉菜は博人の跡を継いで影の支配者として生きる道を選んだ…って設定。

……普通に面白かったと思う。桜木紫乃は初期の頃から物語職人的な人で「グイグイ読ませる」ってことには抜群に強い。『ブルースRed』は本読みクラスタの評判も上々…って感じだったけど、私には生理的に無理だった。

とりあえず莉菜が博人の血を引く武博を代議士にしたいと目論む流れは、リアル子育てをしている私にとって受け入れ難い流れだった。

……すまない。親子ほど年の差が離れている小学生男子にちょっぴり性的な意味で興味あるっぽく描いている時点で無理過ぎですた。

『ブルースRed』において莉菜は最初から最後まで武博に対して特別な思い入れを持って動いていくのだけど、母親目線で読むと生理的に無理だった。

  • そんな都合の良いイケメンでイイ男の小学生男子とかいないし!
  • そもそも他人の人生をどうにかしようとか、傲慢過ぎだし!

莉菜は一応、40代くらいの女性の設定になっているけど作品内で描いていた莉菜のメンタルとか精神年齢は20代…下手すると10代もあったと思う。

先ほど私は莉菜の行動を「母親目線で読んで生理的に無理」と書いてみたけれど、実のとこ独身だった頃の私が読んでも「無理…キモチワルイ…」と感じていたと思う。

武博の描写も酷かったけど、用心棒の弥伊知は武博に輪をかけて酷かった。自分に尽くしてくれる腕っぷしが強くて都合の良いイケメンとか、どこのハーレクイン・ロマンスよ?

漫画だったらアリだけど、大人の小説として読むとなると正直キツイ。

……と言いたい放題に感想を書いてみたものの、この路線が好きな人がいるのも理解できるし「みんな違ってみんな良い」のが小説の世界。残念だけど私は桜木紫乃が作る世界が受け入れられなくなっただけなのだと思う。

さようなら桜木紫乃。もう読まないけど、今まで私を楽しませてくれてありがとう。私は新しい推し作家を探す旅に出ることにします。

桜木紫乃の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました