読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

職場でコロナが出ましたが私は陰性でした。

職場でコロナ陽性者が出た件ですが、結果から先に書くと私は陰性でした。もしかして似たような経験をされる方もおられるかな…と思うので経緯を記しておきます。

  1. 夜中に上司から陽性者が出た旨のメールが届く(詳細は朝電話するとの事)
  2. 翌朝、電話で事情説明を受け自宅待機となる。
  3. 午後、電話があり職場まで検査に出掛ける。
  4. 常勤スタッフの看護師さんが検査キットで検査。
  5. 陰性を確認して無事帰宅。
  6. 職場は4日間休業で月曜から営業再開。

看護師さんが行った検査と言うのは市販されれている検査キットとのこと。保健所が行うPCR検査とは違うそうだけど的中率は80%(らしい)

さて。ここで気になるの市販されている検査キットを使った…ってことなのだけど、保健所が調査した見解だと「濃厚接触者はゼロ」とのことだったので、会社が念の為に自前で検査をした…って話。

午前中は利用者さんた宅をすべて回って検査を行い、午後から全職員が検査をした。

一般人が考える濃厚接触と保健所見解の濃厚接触とでは大きな隔たりがあるみたい。

職場で職員は手洗い、マスク、消毒、フェイスシールドを着用しているけれど、利用者さんのほとんどはノーマスク。食事介助もするし入浴もする。抱っこもするしオムツも替える。だけど濃厚接触にはあたらないのだ。

学校や公共関係の施設でクラスタが発生しても、ほとんどの人がPCR検査を受けないまま知れっと翌日から営業していたりして「それって、どうなの?」と思うことがあったけど濃厚接触の定義は意外と緩いので、そう言う措置になるのだなぁ。

とりあえず「感染が広がっていなくて良かったね」って話だけど、念のため4日間の休業して月曜日から営業再開。休業している間に新規新規感染者が出てこないとも限らないので、まだまだ油断大敵ではある。

今回、パート先ではクラスタが発生せずに済んで良かったけれど「また、ここの流れが来るかも知れない」って覚悟はしておこうと思う。

何しろ以前にも日記に書いたけれど大阪では「○○でコロナ出たらしい」って話はそここで聞かされるのだもの。自分だけは大丈夫…なんてありえないのだ。

はぁぁぁっ。それにしてもホッとした。

無症状だったとしても感染していたら夫は仕事に行けなくなるし、娘も学校を休まなきゃならない。コロナに感染したら重症化するリスクのある家族がいるご家庭が大変なのはもちろんだけど、元気な家庭であったとしても感染したら仕事や学校に行けなくなるので大問題。

今回はどうにか乗り切った。これからもコロナに感染することなく乗り切っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました