読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

中島らも

スポンサーリンク
日記

関西テレビのお仕事体験とわかぎえふさん。

この日曜日は関西テレビの夏休み子どもイベント「テレビ局のお仕事を体験」に行ってきた。 娘が参加したのは「テレビ局の...
日記

頭の皮がカユいんだ。

中島らもの作品に『頭の中がカユいんだ』ってのがある。 ネットで感想を書きはじめるずっとまえに読んだので感想はアップ...

寝ずの番 中島らも 講談社文庫

この夏は何故だか私の中だけで中島らも祭りが開催されている。理由はよく分からない。 まぁ中島らもの作品は夏が似合うか...

今夜、すべてのバーで 中島らも 講談社文庫

暑くてダルくてたまらなくなると、中島らもが読みたくなる。 暑さと身体のダルさに負けてしまうような時は、中島らもでも...

その辺の問題 中島らも・いしいしんじ 角川文庫

わたしが愛する中島らもと、いしいしんじが仲良しだった……ってことは何か本で読んで知っていたけど、本当に仲良しだったんだな...

空のオルゴール 中島らも 新潮文庫

不条理なフランス映画を思わせるような作品だった。 ハリウッド映画のようだけれども、お気楽極楽に暮らす能天気な奇術師...

お父さんのバックドロップ 中島らも 集英社文庫

久しぶりに「ツボ直撃」の1冊だった。 中島らもの書く男性って、どうしてあんなにも素敵なんだろう。愛おしくてたまらな...

こどもの一生 中島らも 集英社

中島らもの書いた戯曲の中でも、とくに人気のあった作品の小説化である。 演劇好きの友人達が大絶賛している作品なのだけ...

白いメリーさん 中島らも 講談社

中島らもが書いた『夢十夜』というノリの、ちょっと不思議な話を集めた短編集。 モダンな感じがとても良かった。作者に限...

さかだち日記 中島らも 講談社

合法・非合法ドラッグとアルコールを断ちつつある時期の(完全に切れていないが)作者の日々が綴られている。 覚醒剤取締...

世界で一番美しい病気 中島らも 角川春樹事務所

またしても題名惚れして、買ってしまった。 題名惚れして手に取ると失敗する確立が高いのだけど、今回は大成功。とても面...

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 中島らも 集英社文庫

中島らもは、けっこうご贔屓の作家さんだったりする。ゾッコン惚れこんで…というのではなく、ほどほどに好きというか。 ...

アマニタ・パンセリナ 中島らも 集英社

中島らもが実際に体験したり、聞きかじったりしたドラッグについてのエッセイ集。 睡眠薬、シャブ、アヘン、幻覚サボテン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました