Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"檀一雄"

リツ子その愛・その死 檀一雄 新潮文庫

最後に読んだのは何年前だったか……というほどに久しぶりの再読。檀一雄といえば『家宅の人』とこの作品が代表作になるのだろうか。この作品のタイルにもなっているリツ子は『家宅の人』に登場する主人公の妻とは別の人。リツ子が亡くなって、再婚した女性が...

火宅の人 檀一雄 新潮文庫

久しぶりに再読してみた。再読する作品というのは、多少ならずも愛情を感じている作品ばかりなのだが、この作品は「多少」どころか激しく好きだ。盲目的に愛していると言っても過言ではない。やたらと長いし、中だるみもするし、長い年月をかけて書かれたもの...

漂蕩の自由 檀一雄 中公文庫

作者のエッセイは「面白かった」というよりも「美味しそうだった」という感想を持つことの方が多いのだが、この作品もそうとう「美味しそう」な作品だった。ただ他の作品とは一線を隔しているのは「美味しそう度」よりも「心地よさそう度」の方が際立っていた...

花筐・白雲悠々 檀一雄 講談社文芸文庫

講談社文芸文庫はありがたいなぁ。文庫化されていない名作を少しづつ出版してくれるのって、本好きにとってはホントにありがたい。お値段は少々高めだけど、他では読めない作品も多いので、全然OK。ただ採算が取れているのだろうか? と素人ながら心配だっ...

小説太宰治 檀一雄 岩波現代文庫

この小説は檀一雄の夫人である、ヨソ子さんが1番好きな作品だという。小説としては、作者が書いた他の物に較べると見劣りするような気がするのだが「男・壇一雄」を偲ぶにはこれ以上の作品は無いようにも思う。作者の書いた私小説の決定版というと『家宅の人...

わが百味真髄 檀一雄 中公文庫

作者が美味しいと感じた食べ物についての小話がズラーッと並んでいるだけの、なんとも不毛な随筆集である。どこそこで食べた、なになにが美味しかったとか季節に仕入れた素材をこんな風に料理したら美味しかったとか、本を読んでいるよりも、随筆に書かれてい...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます。 あ行 あ行の作家一覧 あ ...

当サイトについて

管理人プロフィール はじめまして。 当サイトの管理人、白蓮と申します。 白蓮と言う名前は「白い蓮」を意味する白蓮ではなく、私が愛する白い木蓮を短縮して作ったものです。 「ゆら」とか「ゆらら」と名乗ることもあります...

息子に贈る言葉 辻仁成 文藝春秋

前評判無しで手に取った。題名からしてエッセイ集かと思いきや、作者のツイッターをまとめた本で軽くガッカリ。しかし予想外に面白かった。 辻仁成と言うと小説家と言えば小説家ではあるけれど、私の中では完全に芸能人枠。南果歩と離婚後、中山美穂と...

酒肴酒 吉田健一 光文社文庫

この作品とは、直接的には関係の無い話だが、作者は吉田首相の息子さんらしい。外国の文化に造詣が深い人だなぁ……とは思っていたのだけれど、外交官だった父親に連れられて、色々な国に行った経験があるのだとか。なるほどなぁ……と納得した。 さて...

ありがとうございません 檀ふみ 日本経済新聞社

壇ふみのファンでもないのに、ついうっかりと手に取ってしまった。私の中の壇ふみは往年の名番組「NHKの連想ゲーム」の回答者というイメージが強い。最近は健康をイメージした食品のCMにもよく出てるなぁ…というくらいである。だが、しかし。どうしても...

無名 沢木耕太郎 幻冬舎

作者が自らの父を小説家した作品だった。父を看取りながら、父の人生を振り返る……というスタイルで、良くも悪くも「普通」な感じがした。そこそこ面白かったが、突出して良かった部分がなかったので、読後の印象が薄いのだ。流石は幻冬舎。売り方と帯の作り...

壇 沢木耕太郎 新潮文庫

久しぶりに骨太で読み応えのある1冊に巡り逢えて嬉しくてたまらない。タイトルの『檀』とは作家、檀一雄のことであり彼の妻(作品のヒロイン)檀ヨソ子をさしている。檀一雄は『火宅の人』『リツ子・その愛・その死』を執筆した作家で「無頼派」に分類される...

加賀乙彦と津村節子の対話 愛する伴侶を失って 加賀乙彦・津村節子 集英社

加賀乙彦と津村節子の対話本。どちらも好きな作家さんだけあって読み応え抜群の1冊だった。 題名から想像出来るけれど、この作品のテーマは「伴侶の死」だ。そして、それを作家である両氏が語りあうことで色々な事が見えてくる。加賀乙彦、津村節子、...

どろにやいと 戌井昭人 講談社

題名の『どろにやいと』とは「泥に灸」ということわざの事で、意味は「馬の耳に念仏」と同じとのこと。元・プロボクサーの男が父親の後を継いで「灸売り」としてお灸の行商をする物語。 作者は「どことなく憎めない駄目な男」を書かせたら天下一品だと...

いしいしんじのごはん日記 いしいしんじ 新潮社

それほど良い作品だとも思えないのだけど、何故だか、しっくりと馴染んでしまった。あまり気に入ったので、読みえた直後に最初のページへ戻ったくらいだ。行きつ、戻りつ何度も読むほど訳もなく気に入ってしまった1冊。 田舎びた海辺の街で、ゆっくり...

雛を包む 有吉玉青 平凡社

作者は有吉佐和子の娘さん。私の中では「エッセイを書いている雑文屋さん」の印象が強く、今回は日本文化にまつわるエッセイ本。「エッセイ」と「随筆」は同じ意味を持つのでどちらを使ってもいいと思うのだけど、彼女の書くものは「随筆」よりも「エッセイ」...