Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ありがとうございません 檀ふみ 日本経済新聞社

壇ふみのファンでもないのに、ついうっかりと手に取ってしまった。

私の中の壇ふみは往年の名番組「NHKの連想ゲーム」の回答者というイメージが強い。最近は健康をイメージした食品のCMにもよく出てるなぁ…というくらいである。

だが、しかし。どうしても素通りできなかったのだ。なぜなら彼女はも愛する作家、檀一雄の娘さんなのだ。ファンとしては、いちおう押えておかねばならないだろう。

スポンサーリンク

ありがとうございません

created by Rinker
¥535(2019/09/22 15:05:00時点 Amazon調べ-詳細)

子どもの頃「どうぞ私をいい子にしてください」と毎晩神様にお祈りをして父・檀一雄に気味悪がられ、大人になってからも、銀行で自分のカードの暗証番号がわからず、警備員に尋ねて呆れられる…。

女優・檀ふみが懐かしい思い出や身近で起きた出来事を、ユーモラスに綴るエッセイ集。読んでいるうちにじわじわと心が和む作品全六八編を収録。

アマゾンより引用

感想

どうと言うことのないエッセイ集だった。上手くもなければ下手でもなく。面白くもなければ「金返せ」というほどでもなく。

あっさり味過ぎて、どこにもとっかかりがない感じ。

唯一、思ったのは「すくすくとオバサンになった人なのだなぁ」ということだった。なんとなく「良い人そう」なのだ。オバサンと呼んでもいいくらいのお年の方なのだが、嫌味なく、お嬢さん然としていると言うか。

正直なところ、何も感じることが無かったので、感想が書き難い。読書録には書かないでおこうかと思ったくらいだ。

だけど檀一雄の娘だし。「お父さん大好き」な文章を読ませてもらえたのはファンとしては嬉しかった。

檀一雄は家庭人として色々とアウトなところもあるけれど、檀ふみは父親の事が大好きだったのだなぁ…と思うと胸が熱くなってしまった。

気が向いたら、彼女の作品はもう1冊くらい読んでみるかも知れないが、毒気のなさすぎる文章なので、ハマることはないだろうと思った1冊だった。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました