Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"吉田修一"

悪人 吉田修一 朝日新聞出版

記憶のほどが確かではないのだけれど、映画化して流行っていた作品だったような……くらいの前知識で手に取ってみた。「この作品、本当に流行ってたの?」と疑いたくなるような地味で陰気な始まりだった。最後まで読んでみると、それなりに納得したけれど、ど...

長崎乱楽坂 吉田修一 新潮文庫

舞台は昭和後期の長崎。ヤクザの家に生まれた少年の成長物語。作者は、かなり入魂して書いたんじゃないかなぁ……と容易に想像出来る丁寧な作りで非常に好感が持てたのだが、残念ながら面白いとは言い難い作品だった。 悪くないのだ。少年の成長物語と...

初恋温泉 吉田修一 集英社

色々な温泉を舞台にした短編集。作品ごとに違う温泉が登場する。『初恋温泉』という表題に相応しく、恋愛とか夫婦愛がテーマになっていて、ほどほどに面白かった。この作家さんの描く作品って、なんとなくお洒落な感じがする。都会的と言うのか。恋愛にしても...

最後の息子 吉田修一 文藝春秋

ネタとしては面白かったのだが「ハマりどころ」を外してしまったらしい。表題作はゲイの切ない恋を描いていて、たぶん、胸キュンでほろりと泣かされる作品なのだと思う。ヒロインの閻魔ちゃんなど、古典的過ぎるほどに古典的な女で、お話としても泣けるのだろ...

パークライフ 吉田修一 文藝春秋

題名を見た瞬間「ホームレスの人のお話だ」と思ってしまった。パークライフ=公園生活=家がなくて公園暮らしだと思った訳なのだけれど、実際は、そうではなくて「生活の合間に公園を活用する人々の公園生活」を描いた作品だった。ちなみに公園というのは遊具...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...