Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

東京タワー 江國香織 新潮文庫

昨年から、リリー・フランキーって人が書いた同名の小説がやたらと人気だ。

リリー・フランキーの『東京タワー』私も読みたくて仕方が無いのだけど、大枚をはたいて買う勇気はなく、図書館でも予約待ちの列。

仕方が無いので、ちょうど文庫化されて本屋で平積みになっていた、この作品を手にとってみた次第。

スポンサーリンク

東京タワー

大学生の透は恋の極みにいた。年上の詩史と過ごす甘くゆるやかなひと時、世界はみちたりていた。恋はするものじゃなく、おちるものだ。透はそれを、詩史に教わった。

一方、透の親友・耕二は、女子大生の恋人がいながらも、蠱惑的な喜美子に夢中だった。彼女との肉体関係に…。

夫もいる年上の女性と大学生の少年。東京タワーが見守る街で、二組の対極的な恋人たちが繰り広げる長篇恋愛小説。

アマゾンより引用

感想

読んでおいて言うのも、なんだけど、私は作者の書く作品と相性が良くないらしい。

面白い文章を書く人だと思うし、簡単に読めるのに、人間の根本が違っているとしか思えないほど性に合わないのだ。

だけど「今回の作品は今までとは違うよ」なんて噂を聞いたりすると「ちょっと読んでみてもいいかも」と思うのが本読み人の業なのだ。

30代の女性と、イケメン大学生が不倫をする話だった。

日々是交合。繁殖を伴わない動物的な交わりが延々と続く小説だった。ごめんなさい…私には無理でした。

なんかこう…「肌感覚さえ合えば万事OK」とか「フィーリングがあえば恋に落ちるの」みたいなノリにはついていけないのだ。

あぁ。だけど私はこういう小説を軽んじている訳じゃない。ある意味スゴイ。

世の中の人はこんな風にセックスをするのだろうか。それとも、そんな風に出来ないから、そんなのに憧れちゃうのだろうか。

つくづく謎である。愛とか、恋って言葉の定義は、個人差があり過ぎて、同じカテゴリに入れて語ってはいけないような気がする。

「やっぱり、この江國香織とはトコトン合わないみたい」ってことを再確認させられた1冊だった。

江國香織の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました