Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

悦びの流刑地 岩井志麻子 集英社

『悦びの流刑地』はポルノ小説だ。きっぱりとポルノ小説だと思う。どのページを開いてもセックス描写ばかりなので、嫌になってしまった。

もう、岩井志麻子の作品ほ追うのはこれっきりにしようかと思ってしまったほどだ。

ふと思えば私は岩井志麻子、相当な数を読んでいるが「文句抜きで面白かった」と言えるのは、はじめて読んだ『ぼっけぇ、きょうてえ』だけなのだ。

あの面白さを、もう1度味わいたくて、ついつい何冊も読んでしまっているのだけれど、冷静になって思うだに、私はこの作者の作品とは相性が悪いような気がする。

スポンサーリンク

悦びの流刑地

ザックリとこんな内容
  • 昭和初期、下町の貧民窟に暮らす美しい姉と盲目の弟の物語。
  • 一歩も外に出ることのない弟の愉しみは、姉が勤め先の料亭から持ち帰る女作家の書き損じ原稿を読むことだった
  • 姉と弟の近親相姦的な関係に虚構世界が入り込んで…

感想

どうしよもないほどセックスばかりしている話なので実際のところ感想の書きようがない。

ちゃんとした物語になっているし、それなりにホラーちっくな筋書きなのだが、読み終えてみると「ああセックスの話だったなぁ」という印象しか残っていないのだ。

ポルノ小説だと書いたけれど「擦って、入れて、出す」という、本物のポルノとは違っているし、官能的なわけでも、耽美でもなく、読んでいて、つくづく退屈だった。

エロいならエロいで良いから、いっそ渡辺淳一の『シャトウ・ルージュ』くらいエロくあって欲しい。

今回は大ハズレ。そして、もうこの作家さんを追うのも卒業かな……と思った1冊だった。

岩井志麻子の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました