読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

新年度に向けての職場面談。

新年度に向けて職場(医療型児童発達支援センター)で面談があった。今の職場は待遇的にしっかりしていてパートと言っても面談等はキッチリ行われるみたいだ。

放課後等デイサービスから今の職場(医療型児童発達支援センター)7月に転職して半年。私は陰キャでコミュ力が低い…とは言うものの少しずつ同僚とも打ち解けて話が出来るようになってきた。

先日、同じく非常勤の先輩から「白蓮先生は更新されるんですか?」とストレートな質問を受けた。私はフリー保育士だけど先輩はクラスの副担任をしている。

パートと言ってもクラスの副担任ともなると何かと大変で先輩は私より残業が多い。その苦労は計り知れず、先輩は私にとってある意味天上人のような存在で「凄いなぁ~私にはとても出来ない」と見上げるような気持ちで接していた。

ところが。驚いたことに私よりも遥かに経験豊富だと思っていた先輩は私より数ヶ月前に入ってきて、いきなり副担任を任されたのだと知らされた。

しかも先輩は私と同じく放課後等デイサービスからの転職組。保育士資格を取ったのも、放課後等デイサービスでの勤務がキッカケだったらしく、保育園での保育士経験は無かったとのこと。

「私、次の面談の時に担任は無理です…って言うつもりです」と打ち明けられてしまった。

そりゃそうだ。未経験でいきなりクラス担任を任されるとか地獄でしかない。「ここまで、よく頑張ってこられましたね」と思うと同時に「私にはとても出来ない」とも思った。

今の職場。中年のパートの時給にしては破格の設定。だけどクラス担任を任されるとなると仕事の内容的に割に合わない。

結局、先輩が職場面談当日に何を話したのか聞くチャンスの無いまま、自分の面談の日がやってきた。

もし面談で来年度の事を聞かれたら「更新はしますが、今まで通りフリー保育士として働きたいです」と言うつもりで身構えていたけれど、体制に関する具体的な話は1つも出なかった。

更新する気があるのかどうかの確認こそあったけれど、面談をしてくれた上司曰く「来年度の体制がどうなるか私にも分からない。そもそも自分に権限なんて無いんですよ」とのこと。

来年度は正職員が沢山配置されると良いのになぁ(遠い目)

恐ろしい話だけど、先輩方の話を聞いていると毎年、何人かの非常勤職員が担任を任される傾向があるっぽい。たぶん…だけど最後に入ってきた1番下っ端の私に話が来ることはなさそうだけど、もし先輩方が音を上げてしまったら「絶対に大丈夫」とは言い切れないのが辛い。

どうかどうか一緒に働いている先輩方が誰一人欠けることなく来年度を迎えられますように。そして何なら私より若くて経験豊富な保育士が入ってきますように。

ちなみに。パート先では今でも保育士大募集中だけど、私より新しく入ってきた保育士はいない。

仕事は好きだし仕事での努力は惜しまないけれど、私は意識高い系ではないし、家族のことを1番に考えているので今以上に勤務時間を増やしたくないのだ。どうかどうか担任を振られませんように……

だけど私に出来るのは祈ることくらいしかない。

タイトルとURLをコピーしました